【不定期更新になります】
当初はほぼ週1回の更新でしたが、ネタを意識すると縛られてしまうし疲れるので、
気が向いたときに撮ったものを1点ずつ出してく方向にしようかと。

2017/11/23

今週の裏側

まだ8月のネタを引っ張ってますが、今回は鴻之舞です。有名どころなので以前から行こうとは思っていたものの、場所が場所なのでJR+自転車で行こうとすると効率的なスケジュールが組めなかったのです。

今週の話ですが、急に雪が降ったこともあって例によって行先に詰まり、手稲鉱山の方に向かいました。最初からサイドエフェクト(カン)に「山の上の方はダメ」と言われたものの、歩いてみて理由が分かりました。私の身体が冬山向けに出来上がっていない。足がすぐにガタガタになりました。

乙女の滝で折り返して、その途中で川を渡れそうなポイントが無いか何度か河原まで降りましたが、水量があってダメでした。膝までの長靴なら何とかというくらい。まだ昔の鉱山道と火薬庫を見つけていないもので、この冬の課題の1つ。




山で心身を清めてから、帰宅して漫画を読みふけって堕落するという。

紋別 鴻之舞の風景

シゲチャンランドなどからの帰りに、遠軽から自転車で峠を越え、鴻之舞鉱山跡に行ってきました。
鴻之舞についてはすでに多くの写真と解説がありますし、上藻別駅逓に行けば写真集や資料も手に取って見られますから、ここでは写真を絞って解説もせず、眺めていただくだけにするが良かろうということで。





















これは上鴻之舞小学校跡のすぐ近くで藪に埋もれかかっていた馬頭観音だったと思います。車ですと通り過ぎてしまうでしょうね。

自転車での遠軽からの峠越えはなかなかにキツく、帰りに丸瀬布に向かう時も勾配は緩やかながら距離はあったので、自転車で行く所じゃないなと思いました。

2017/11/15

津別 北見相生駅

シゲチャンランドに行く前に、雨の中を自転車で走行してきたので相生の道の駅で身支度を整えたりしてから、そのすぐ裏にある北見相生駅跡に行ってみました。




駅名標はリメイクですね。駅舎も復元されたものだそうです。


 駅舎は喫茶店として利用されていますが、この日は定休日でした。








相生線の廃線跡については、美幌市街で駅跡が公園と遊歩道になっているくらいで、期待しない方がいいくらいだと思います。まあ、道の駅を基点にして廃線跡と集落を散歩してみるのも良いのではないかと。