【不定期更新になります】
当初はほぼ週1回の更新でしたが、ネタを意識すると縛られてしまうし疲れるので、
気が向いたときに撮ったものを1点ずつ出してく方向にしようかと。

2012/12/21

洞爺湖有珠山ジオパーク 西口火口散策路

今週も18切符で。当初の目的地は伊達市の大滝区だったのですが、手持ちの時刻表が微妙に古くなってて大失敗。南千歳駅で後続の普通列車に乗り換え、と思ったら来なくて「??」と。途中駅の時刻が変わってて接続しなくなってたのでした。
次の苫小牧方面は2時間後ということで札幌まで戻る電車に乗りながら別の候補地を検討。他の方面へ遠出するには出遅れた状態だと分かったので、時刻表を買ってからまた千歳行きの快速エアポートへ。結局、昼の12時半に洞爺駅に到着しました。

徒歩で目指したのは、洞爺湖へ向かう山越え部分にある西口火口散策路。町道と国道230号が並んで走っていたのですが噴火で火口ができて2つとも寸断消滅しました。散策路は町道の歩道部分を一部利用して作られてます。

現在の町道から外れて西口火口へ向かう道は除雪されておらず、少し積もった雪をズボズボ踏みながら進んでいきます。今回はスノーシューは無し。これはちょうど散策路スタート地点にある幼稚園の残骸と洞爺の市街。火山弾の雨あられ直撃でボロボロです。
前夜からまとまった雪が降ってしまったので細かい見所が雪に埋もれてしまい、あまり見栄えするものがありません。まあ、軽い偵察という位置づけで何か良さげなものがあれば夏場に再訪してじっくりと撮ればいいかと思ったわけで。
これは菓子工場だったっけか。地面の隆起でぐんにゃりと。
 少し先に国道230号の残骸である標識が見えます。このすぐ左手に火口ができて国道は跡形もありません。この辺は70mほど隆起したそうで、町道跡のはずなんですが山になってしまってまして現在は展望台が設けられてます。
当サイトの趣旨としましてはこの廃道に突入したいところではありますが、現在も噴煙が上がっている箇所もある国立公園内のジオパークの立ち入り禁止区域内で人目もあり、さすがに・・というわけです。RoadJapanさんのように公式に許可を取って堂々と入るって手もありますが、今回ざっと見た感じではそこまでして撮りたいトコじゃないかなというところ。
さて。
真ん中上方にチラリと写る黄色いものは取り残された重機。蒸気の上がる黒い斜面には寸断された水道管も見えます。

これは散策路である町道脇の残骸。
割とあっという間に散策路は終わって北側駐車場より国道230号跡を。本来は緩やかな下りの道でしたが噴火の隆起で上り坂になってしまいました。

 ここからは普通に道路を歩いて洞爺湖へと。途中にもこんな残骸が。
洞爺湖が見えてきました。
温泉街にもジオパークがあります。これは公営温泉跡と、背後に見えるのが団地ですね。
温泉街には午後2時半に到着。大和旅館で日帰り入浴でもと思いましたが配管清掃の日ということでお休み。大きいホテルは湯が薄かったりして好きじゃないんで、温泉には入らずに午後3時過ぎのバスで洞爺駅に戻りました。
この日は道央圏の天気が荒れてJRのダイヤも乱れてたんで、大事をとってそのまま帰りましたが、サラリーマンの帰宅時間帯と重なると一気に現実に引き戻されますねぇ。

2012/12/12

秘境駅 小幌

この冬も12/10よりJRの青春18切符がスタートいたしまして、火曜にさっそく使ってきました。今回は、列車でしか外部と行き来できない場所という意味での「秘境駅」の1つである小幌駅へと。

朝早めに出て東室蘭で1時間待ち、午前11時半過ぎに到着しました。先日、大荒れの天気で広範囲に停電したりJRがストップしたりしましたのでスノーシューを持ってきましたが、積雪量はそれほどではなく、全くのお荷物に終わりました。

まずはまっすぐ降りて行って海岸でも見てみましょう。
断崖に囲まれた狭い海岸で、特に見るべきものもないので上へと引き返します。
次は、駅から真正面に下りずに左手の斜面に沿うように獣道のような所を上がっていきます。 斜面を削った程度で道幅はなく、注意して進まないと倒木も多くて危険です。

海岸が見えてきましたねぇ、と思ったら、はひ?と言いそうに。
急斜面をジグザグに道がついてますが、足を滑らせるとジエンドって感じで沿うようにロープが何本かついてます。しかし残置ロープの怖さというやつで、引っ張ってみると手ごたえが無くて根元からちぎれてたものが1本あり、危ないので丸めて脇に置いときました。

でまあ、海岸に降り立ちまして、洞窟観音へと。円空仏が祀られてます。
これは中から。
ここもこんな感じで広くはありません。円空が来たのは1600年代だそうですが、アリ地獄のような急峻なこの場所をどうやって見つけたのか不思議です。

さて。この後ですが、当初は沢伝いに上へ上がって林道に合流して脱出してみようと思っていました。しかしGPSの電子コンパスがうまく作動せずに方角を取るのが怪しいのと、上の写真からでも分かるように雲の動きが速くて吹雪と晴天が目まぐるしく交互に変わる天気でしたので山中深く礼文華峠に入っていくのは危険と判断して取りやめ。駅の方へと戻ります。
沢も結構狭くて急で倒木もかなりありますんで、外から降りてくるならともかく下から上がるのはいろいろキツイと思いました。

で、駅へ戻って見渡してみると、右手の保線員小屋の裏手の方にピンとくるものがあり、よく見ると刈り分け道があるので行ってみます。数軒分の住居跡のような平場がありまして、その先に海岸が見えました。
道はまだ続いていましたが、崖をジグザグに少し降りてから斜めに降りる感じのロープ道。しかも途中には崩落や倒木もあり、朽ちた木に引っかけたハシゴをロープ持ちながら降りる箇所も。洞窟観音よりもかなり危険です。でもここまで来たなら行ってみようと、意味もなく降下アタックしてしまいました。
ロープを付けた木が不安定だったり、つかまれそうな木が朽ちてモロくなってるものもありましたんで、ロープに体重を預けすぎるのは危険ですが、手足だけでは無理な箇所もあります。小落石も3回ほど見かけました。

これが下からの眺め。右上頂上から左手の斜面へ来る感じです。
海岸の向こう側はしばらく続いていて、番屋があったと思われるコンクリートの土台がありましたが目ぼしいものはなく、ざっと目視しただけで深入りしませんでした。ここはさすがに漁具の残骸の丸玉が2,3の他はゴミが見当たらず、非常にキレイな海岸です。
降下には30分くらいかかった感じですが、戻るのは10分かけずに一気に。 クライムオン!

午後2時過ぎに駅に戻ってきて、列車が来るまで1時間ほど待ちました。吹雪も断続的にありましたが、まあ何とかなりました。こういう場所で列車が定刻に来ないと、もしやと泣きそうになりますわね。

その後、午後4時半に長万部駅。駅脇の路地から跨線橋を渡ると10分もかからずに温泉街ですんで、長万部温泉ホテルで日帰り入浴420円。古びた銭湯タイプの浴室ですが結構客がいました。薄黄緑の塩化物泉がかけ流しで、素早くよく温まります。帰宅してもホカホカしてました。
30分ほど入浴してから住宅街の中にあるスーパーで飲食物を買いこんで駅に向かうとちょうどいい時間。帰りは小樽廻りです。

雪の降りしきる山中をゴトゴト進む、客のほとんどいないディーゼルカー。その中でコーヒー飲みながらのんびり読書にふけるのは、とてもぜいたくなひと時だと思いました。

これは小樽駅での乗り換えの時に。もうクリスマスなんですねぇ。

2012/12/07

氷筍2012 後編

暗所で撮影したことはほとんどなかったので、設定をいろいろ変えたりストロボ使ったり試してましたら、あっという間にバッテリーが無くなり冷や汗。一度外に出て交換しました。今使ってる一眼も中古で買った前のモデルで感度設定はそれほど上げられません。
さて。

やはり奥の方になると光が届かないしコンデジのストロボでは非力。
 深入りせずに坑口付近に戻ります。

 

 ざっとこんな感じです。コンパクトデジカメの限界というものを思い知らされました。

2012/12/03

氷筍2012 前編

例によって天候の関係で明日も出られそうにないので、過去のコンデジ写真を貼ってみます。
3月の雪が融け始めてきた頃に、登別のカルルス方面に行ってきました。スキー場までバスに乗ったのですが客は私1人で、ちょうど新聞に載ったばかりの氷筍の話題も出たり。着いてからスノーシューを装着。

地図とGPSは持ってましたが、割と人が来ているようで、スキー場のリフト乗り場の方に話しかけられて道を教えてもらいました。 でまあ、人によって1~2時間かかるらしいのですが、私は40分ほどで到着。

雪解けの時期に入ってたので大丈夫かなと思ってましたが、ちょうど氷筍は成長しきったところでした。ただまあ、入る時に坑口上部に大きな雪庇があったので、落ちてきて埋まらないよう安全上の注意は必要かと。




写真はもう少しあるので、ブログの尺稼ぎのためにも、続きます。

2012/11/30

閑話休題: 幸福より愛国へ

まだまだ天気が良くなる気配はありませんけど、何も更新しないのは申し訳ないので、3月に青春18切符で出た時のコンデジ写真でも。

「温泉ホテル ボストン」(素泊り2600円でした)を朝6時過ぎに出てバスターミナルへ。バスで幸福駅の方へと。廃線となった広尾線の駅跡です。幸福のバス停から少し歩きますが見通しは良いので迷うことはないでしょう。
内部もすごいです。
車両の中に入って休憩もできたような記憶があります。
朝からグッズを販売してる露店があったので切符を買いました。

その後、大正駅を見てから愛国駅に向かいたいなと思ってたのですが、バスの便がそう都合よくあるわけではなく、持ち時間も多くはないので、愛国駅まで10km以上をランニングで移動。これを見越して荷物の大半はコインロッカーに入れてきたのでした。

で、大正駅跡。ちょっと残念な印象。このすぐ近くに無料ライダーハウス「大正カニの家」があります。
 大正市街には人気のケーキ屋さん「あくつ」がありますが、さすがにケーキ持ったままランニングはできないのでまたいずれ。

で、しばらく走って愛国駅。

広尾線の路盤跡はかなりの部分が畑や住宅地などに飲まれてしまってます。

バスにギリギリ間に合って帯広駅に戻り、昼からは然別湖の方へと。夏場に自転車でゆったり回りたいなと思ってましたが、今シーズンも行けずに終わりましたね。

2012/11/25

栗山トンネル

ずっと天気が悪く雪も降ってきて、春先までしばらくは派手な行動はできないかなという感じになってきました。冬の間は主に、近場の山をスノーシューで散策したり、温泉に行く程度の地味な行動で、その分、翌シーズンに向けての情報収集と計画立案に時間を割いたりします。

ネタも少なくなってきてますが、今回は春先に一眼レフを買った直後に行ってみた廃トンネルを。栗丘駅と栗山駅の間にあり、堀淳一さんの著書にも紹介されてます。まともに入り口から入るより最寄に駐車帯があるのでそこから横穴に入るのがベストかなと。


線路がありますが、見てお分かりの通り崩落してますんで列車が来ることはありません。現路線はすぐ横に別のトンネルが掘られてます。
 他に撮るものがないので、撮り方を変えるぐらいしかないのです。これはどうやって撮ったんでしょうね。

この後は栗山市街に移動して、小林酒造に少し寄りました。レンガの倉庫が並んでいて、資料館も見学できますよ。

2012/11/21

国鉄旧線 旭川・神居古潭

元々は、縄文時代にさかのぼる遺跡群が点在するアイヌの地。川岸に沿って国鉄の線路が敷かれ、神居古潭駅が置かれたものの、路線変更によって廃線跡がサイクリングロードになって現在に至ります。散歩気分の探索としてふらっと出かけたわけですが・・・。

午前8時半発の旭川行き高速バスに飛び乗って10時15分に高速納内バス停で降ります。 用水路脇の砂利道などで近道して、30分ほどでサイクリングロード入り。11時には神居古潭駅です。







落石のため通行止めとなってましたが、どうせ夕張サイクリングロードのように放置されてるんだろうとそのまましばらく進んでいきましたら、4km行ってもうすぐ伊納駅という所で本当に工事やってました。アイヌの時代から急斜面と川に挟まれた難所ですから、少し回りこんで通過するということもできず、かといってまた延々と引き返すということもしたくない。それで、こういうのも経験しておくかと斜面に取り付いて山越えを試みたのが事の始まり。

 とにかく上に出ないと始まらないということで、しばらくは登りに専念。GPSをちょくちょく見て方向を修正しながら進みましたが、目標は地形図にある林道の終点。そこに入れれば楽に進めるだろうと。

しかし、道の無い山の中を進むというのはやはり難しかった。斜面上での絡まる草木と倒木の嵐。しかもたかが標高300mと思ってましたら上の方はそこそこ積雪があって、困難が余計にプラス。軍手は濡れ靴には雪が入り冷えていきます。最後は手で払うこともせずに力技で絡まった草木を引きちぎりながら進みました。

1時間以上かかってようやく林道に入ったかという地点ですが、道の真ん中が水流でV字に削れて小さい滝もある川に変わってましてクラっと。道が落ち着いてから軍手を交換して歩きながらパンとコーヒーを。

道の行き先を確認しないまま来てしまったので、とにかく進むしかないと歩き続け。鹿が仲間に警告を発してるキィ!という泣き声が何度か響きました。林道を2時間ほど歩いてやっと午後3時半に舗装路へ。雪雲が迫っていたので急いでましたが雪が降ってきました。

さらに30分歩いて 伊納駅に到着。貨車を使った無人駅ですが、ざっと身支度を整えます。電車は1時間くらい来ないので40分くらい国道を歩いて「万葉の湯」という健康ランドへ。温泉でもないのに780円とちょっと高めでしたが、とにかく汗を流して着替えたかったのです。

風呂上りには本格的に雪が降ってました。旭川はそこそこ都会だろうからバスの便もあるだろうと思ってましたが、1時間に1~2便程度なんですね。結局、街中の高速バス停までまた歩き。バスに乗ったと思ったら高速が通行止めだから深川まで一般道で行くということで。札幌には午後10時前に到着でした。

とにかく歩きまくった1日で、特に撮れたものもありませんでしたが、経験値は少し上がったのでまあいいかと。道の無い山中を移動した時に時間と体力がどれだけ消耗するかデータが取れました。また、山中には人為的に斜面を削ったとしか思われない古道の跡が。草木に覆われてるとはいえ滑落の危険がない平場があるという道のありがたさを実感しました。