【不定期更新になります】
当初はほぼ週1回の更新でしたが、ネタを意識すると縛られてしまうし疲れるので、
気が向いたときに撮ったものを1点ずつ出してく方向にしようかと。

2012/08/31

宮島・弥山

厳島神社のある宮島の観光エリアは、神社の周辺と、そこから登る弥山に集中してまして、島の周囲を巡る車道というのはありません。
観光マップにあるルートは、上の地図にある3本、ロープウェーの側の紅葉谷ルート、大聖院を通る大聖院ルート、左側の大元ルートです。

とりあえず時間はあるので、どうなってるのかなと海岸沿いをひたすら歩いてしまいました。地図の左手の方です。平坦な海岸道路というわけでもなく、崖を回り込んだりするので多少の上り下りはあります。途中に民家はなく、端の多々良地区に小さい農園がありました。

奥の院という小さい看板があったので、ここから行けたのかということで行ってみることにしました。舗装路ではありますが車の行き違いできる幅はありません。奥の院まで車も人も全く無し。
 廃道も少し分岐していて、昔は結構使われた道筋なのではと思いました。少し入ってみたりもしましたがハマりそうだったんで引き返したのです。GPSナビはホテルに置き忘れたし。ちなみに、林の奥に四角く囲ったような場所が見えましたが、不気味なので近づかずに立ち去りました。

で。地図の赤いラインになりますが、奥の院まで結構歩くことになりました。奥の院の直前だけ舗装が無くて少し荒れてますが、来ようと思えばバイクなんかでここまで入って、そこから頂上に向かうとロープウェー代がかからないかもという気がします。車は、すれ違えないので賭けになりますね。長い距離をバック走行できる運転技術をお持ちなら別ですが。

 奥の院。といっても寂れた感じです。
 右手に小川が流れていて、手や顔を拭くことができました。正直、暑さもあってここまでで思いのほか消耗してしまいました。時間をとってしっかり休憩します。

 奥の院の手前で道が弥山頂上の方に二手に分かれてますが(頂上まで1.5kmの表示)、上の写真のまっすぐ奥にも踏み分け道があったので、好奇心で思わず山を登ってしまいました。一人旅の時は精神年齢が3歳まで急降下します。
尾根の稜線に出ても視界がなくて木々の中のトンネルのように踏み分け道が続いてました。弥山と反対の方角だと分かったんで、すぐに引き返しました。何のために誰が通っている道なのか不思議です。

あと、今は使われていませんが弥山頂上とを結ぶ索道(物資用のロープウェー)が残ってました。昔はここまで車で運んでから、それで上げたのではないでしょうかね。

それでは、登山道に入って頂上を目指します。観光ルートと合流するまでは、外人2人組とすれ違った他は人影はありませんでしたが、さすがにその後は人がぞろぞろ。
頂上は目前(展望台の柵が見えます)。岩穴をくぐるような場所もあります。
頂上からの眺め。


さて、下山しましょう。大聖院ルートです。足にかなりキテまして、道は整備されてますがゆっくり慎重に降りました。階段が多かったですね。
大聖院のすぐ上にある滝宮神社。左手背後が白糸の滝です。

昼食をとってなかったこともあって、本当にフラフラの状態で何とか桟橋まで。そこで少し飲食してから広島に戻りました。これだけで夕暮れになってしまい、厳島神社の周辺は翌日に持ち越しということで。

2012/08/29

厳島神社

ここもまあメジャーな所でネット上に写真は腐るほどあるのでしょうが、まずはお約束な所から入っていきましょう。
300円なり。
実のとこ、そんなに広くはありません。
さすが世界遺産だけあって人が多いのなんの。
ほとんどの場所は入れますが、ここは入れません。





ざっとこんな感じで出まして、その後は観光マップにも無く地元の人間もあまり使ってない(舗装路だけど道を横断するクモの巣がちらほら)ルートで弥山を目指します。全く想定も予定もせずにフラっと入り込んだので思いのほか時間を使ってしまいました。

2012/08/27

おのみち散歩

スライドショーで写真は全部出してしまってますが、旅の寄り道の風景を。

正午に神戸空港に着いてからJR山陽本線を西に向かいます。青春18切符を使いましたが1日ごとの切符なので、札幌から千歳空港の分も含めて広島までのJR代が1日分(2300円)で済みました。

尾道には午後5時に到着。最終のロープウェーにギリギリ間に合いそうだったものの、路地を登っているうちに山の上(千光寺公園)に着いてしまいました。
 しまなみ海道の島々が見えます。
山肌にへばり付くように密集して民家が建っているため、車では行けない所も結構あります。それでもバイクは通れるほどの道を通している箇所もあって、苦心がうかがえました。カフェもちらほらありますね。
向島に渡る尾道大橋。サイクリングロードもあって、島々を伝って徒歩や自転車でも四国まで渡れますが、夏場は大変そうです。私もいつかはと思いました。
山を降りて路地裏散歩に移りましょう。狭い通りをバスが走ってたりして、徒歩でもボーっとしていると危険です。

日も暮れてきたので駅に向かいます。
微妙な差で電車に乗り遅れてしまい、30分ボーっと。店も早じまいするので、良さげな飲食店もなくって。

とまあ、短い間で市街地だけでしたが、ざっと見て回りました。レンタサイクルも使って島を少し渡って、映画のロケ地めぐりなんか良いかもしれません。ロケ地マップは駅の観光案内所で言えばくれます。

2012/08/25

原爆ドーム

あまり定番すぎるものは撮りたくないと思いつつ、他に手ごろなものもなく。







ライトアップに助けられた部分も、邪魔だった部分もあり。

2012/08/19

竜泊ライン~竜飛岬への道

先日の青森・小泊の話の続きいきましょう。
小泊から先はしばらく海沿いの平坦な海岸道路となりますが、急に山中へと急坂と急カーブで上昇していくこととなります。
 展望台である俯瞰台まで6kmもキツイ登りが続きます。手を振って追い越してったはずのタンデムのバイクがエンストしまくって立ち往生し、私に追い越された時はバツが悪そうでした。
 ずっと先の山中にも道路のライン。まだまだ先があるということです。
 快晴の海岸からスタートして、しまいには雲の中ですよ。やっと、見えたけど、まだ着かない。
 俯瞰台から見下ろす。登り始めた海岸線は見えません。
 
 小泊~竜飛間は昭和40年代まで道路がなく、昭和44年には地図を頼りに半島を周ろうとして遭難した学生がいたそうです。全線開通は昭和57年になってからで、このキツい小泊側は陸上自衛隊第九施設大隊が開削したとのこと。なるほどという感じです。ちなみに、下北半島の国道338の仏が浦の辺りまでの道も、これと双璧をなす山岳道路ではないかと思います。

 さて。そこから竜飛までは猛速で一気に下って着いてしまいます。有名な階段国道。観光バスも寄ります。
 ここを自転車で通ったるわと思ってましたが、人の目があるのでやめました。バイクで突破してパーツを吹き飛ばした人もいるようですが。

岬の駐車場の売店に客はなく、イカ焼きを買ったら作り置きを渡されてショボンと。

とまあこんな感じで、この後は海岸道路となりますが、古い洞門を利用した道筋と漁村風景はまたいずれということで。

2012/08/15

ニセコ・昆布温泉

今週は、用事で時間が限られていたことと、体が少しガタガタしてきたこともあり(トシかねぇゲフンゲフン)、自転車を持たずにフラリとJRで昆布駅へと。午前10時着。お盆だけあって列車は込んでましてやはり身軽でよかったです。今回はカメラもコンデジのフルオート設定。

本当は薬師温泉に向かうはずだったんですが、旧道に入ってみたら山をぐっと直登する形になって通り過ぎたので、そのまま昆布温泉まで行ってしまいました。これは温泉公園の夫婦岩。
 温泉は、いつもの鯉川温泉旅館。
良いお湯なんですが、やはりヌル湯の薬師温泉にすべきだったかなとも思い汗だく。

風呂上りは、すぐ近くの甘露水をたっぷりと。

バスを1時間待つくらいならと帰りもニセコ駅まで歩きました。羊蹄山の眺め。
 やたらと車が多くて歩きにくかったです。

道端に妙に車が止まってるなと思ったら、皆さんヒマワリ畑を撮影してました。

午後4時前の列車は、臨時特急でダイヤが変わっていて少し遅れました。1両でしたんで最後は通勤ラッシュのような込み方でした。

来週は天気も体調もベストだといいんですけども。

2012/08/12

旧狩勝線をゆく

現在のJR根室本線は、落合駅を出るとぐいっと南にコースを変え、石勝線と合流しながら日勝峠寄りの山中をトンネルで突く形になってますが、昔は狩勝峠を通ってほぼ国道38号に近いルートをとっていました。

現在では、その路線跡の一部はフットパス(散策道)として整備されています。今回は、新得から新内隧道(トンネル)まで自転車でたどってみます。

ガーデンショーからそのまま午後3時に新得駅に着き、自転車を展開して走り出します。線路沿いの道を走ってますと、すでに脇の藪の中には段の形で路線跡の地形が見えますが、ほどなくしてフットパスの入り口に。
しばらくは直線で、1kmごとにキロポストが立ってます。
特に景色に変化はなく、単調な道のりです。しばらくしてから少しカーブが入って狩勝峠を目指して登っていきます。その途中の小笹川橋梁。階段で下に降りられます。
この先の急行まりも号の脱線転覆事故現場には案内看板がありました。新内駅に近づいて、脇にR=241.5という小さい標が残ってました。カーブの曲線半径だと思います。
 この先から、道に馬糞がかなり落ちるようになってきて、道も蹄で掘られて水がたまって荒れてきてます。新内駅近くのサホロの乗馬クラブの仕業だと思いますが(前方を馬で走ってる姿が見えた)、糞の始末くらいして欲しいものです。この辺では自転車が何度かスリップしかけましたが、足の着き所を間違えると悲惨です。

そしてやっと新内駅跡。フットパスはここで終了。

いったん車道に出て先に進みますが、路線跡は道路脇に少し藪に埋もれながらも分かる形で残っています。ゴルフ場から先は林道に入り、路線跡と重なっていきます。
 少しずつ滑らかに登るために山の斜面をガッツリV字に削り、排水用に路盤の両脇に溝を掘った箇所もありましたが、当時の人力主体での工事は大変であったろうと思います。

そして眺望が開けてきました。機関士泣かせの大カーブ。大きくカーブしても、それでも急だったので速度制限と脱線防止レールも付きました。
 この先、道は路線跡の藪化して少し荒れた道と林道とに別れますが、林道を進んでから降りる形で路線跡に合流できます。林道をそのまま進むと国道38の狩勝峠6合目看板の所に出ます。やっと新内隧道が現れました。
 脇の案内看板。
2ヶ所(狩勝と新内)のトンネル工事を含めた鉄路建設では、枕木の数ほど犠牲者が出たそうです。トンネルの掘削では人柱まで建てたとの話も。

この先には行ってませんが、時間的にもここで帰りの列車のちょうど1時間前、5時15分だったもので、急いで国道38に出て30分で新得駅に戻りました。