【不定期更新になります】
当初はほぼ週1回の更新でしたが、ネタを意識すると縛られてしまうし疲れるので、
気が向いたときに撮ったものを1点ずつ出してく方向にしようかと。

2013/01/30

幌内炭鉱 布引坑

昨冬も行こうとしたんですが、幌内の集落を外れて山に入ると長靴大の足跡がやたら多くて、もしかして雪山歩きがブームなの? って足跡を追ってみたところ。人間が歩くとどうしても崩れてしまうような斜面にも整然と足跡が。沈思黙考ポクポクポクチーン。実はクマでした本当にありがとうございますって山奥に入ってから慌てて引き返したのでした。おかげでクマの行動パターンのクセが結構見えてきましたけども。

今年は寒かったのでさすがにウロウロしてないだろうと。高速バスと路線バスを乗り継いで三笠市街へ。そこから30分ほど歩いて幌内集落の外れに午後1時半。
今回はキツネや鹿の足跡のみで、雪の上にかなりしっかりと獣道が作られてます。行きに鹿2頭、帰りにキツネ1匹遭遇。クマはいないんだねと割と安心して歩けました。

さて、見えてきましたよ。

手前の遺構をのぞいてみる。

風洞トンネル。開口していて右上から左下まで通ることもできます。

こちらはコンクリートで塞がれた斜坑口。

今はこんな窓は見かけませんねぇ。

窓にカメラ突っ込んで1枚撮ってみる。もうね、何が怖いって屋根から大きくせり出した雪庇。ボトリと落ちてきたら即死って感じなのでカメラの設定や構図なんて考えていられません。

入ってみますか。

パッと見、古い教会みたい。でも床には鹿のウンコ多数。


開いたまま朽ちた窓。

素晴らしい。

ざっとこんな感じで、雪で隠れてる危険箇所もあると思うので深入りせずに帰りました。クマの多発地帯なので夏に1人で来るのはちょっとキツイですねぇ。最低でも手斧くらいの格闘戦の装備はしたい。

2013/01/26

閑話休題: 滝でもふり返ってみようか

今ひとつモチベーションだだ下がりで今週はカメラ持たずに小樽を散歩してきただけ。別に何かを期待して記事更新しているわけでもなく、煽られたりしても困るんですが、ブログ開設以来コメント0のままってのもいかがなものかと思うこの頃。

さて。ネタが無いのでフォルダを漁って過去のコンデジ写真でも抜いてみます。旅先の、いろいろな滝。

千葉の養老渓谷、名前は忘れました。個人がお金とってやってる展望所。
  

 島根・竜頭ケ滝

長野・雷滝

北海道・知床・オシンコシンの滝

北海道・丸瀬布・山彦の滝

青森・暗門の滝

岩手・滝観洞・天の岩戸の滝

秋田・小安峡・不動滝

北海道・岩内・鳴神の滝

お粗末さまでした。

2013/01/17

氷筍 2013 後編

続きいきましょう。


少し奥の方へ行くと、霧がかったようになってます。レンズがすぐ曇るので少し時間を置きましたが、何らかのガスも出ているようで臭いもしますね。



奥の方は氷が小ぶりなこともあり、深入りしませんでした。氷のコーティングで思わぬ所で滑るし暗いですしね。 ISO800で長めに露光して撮りましたが、微妙なブレとレンズの曇りで結構な枚数を捨てました。




では、そろそろ出るとしましょう。

時計を見ると、12時20分。帰りのバスまで40分しかありません。川渡りもあるのでとにかく急ぎました。少し発車を待ってもらった感じで何とか間に合いました。
登別温泉まで戻り、銭湯「夢元さぎり湯」で入浴。390円。露天はないですが硫黄の良い湯です。 その後は特に寄り道もせずに早めに帰りました。

2013/01/15

氷筍 2013 前編

この冬の寒さでカルルスの氷筍が急速に成長しているという話を聞き、急遽行ってきました。JRの18切符は期間が終わったので、今回は一日散歩切符で。スノーシューの修理を終えてから睡眠をとらずにそのまま朝イチで出ることになりました。
朝8時40分に登別駅に着いて、バスで登別温泉、そこでカルルス行きに乗り換えて9時45分にサンライバスキー場。そこからスノーシューを装着して山に入っていきます。

この日は私だけでしたが、連休中にそこそこ人が入ったようで、スノーシューの踏み固められた跡が続いていました。途中で川を渡っていた部分の土管が流されて道が決壊していて、スノーシューを外して(小さい流れですが)川を渡る箇所もあり、昨年よりもアプローチが少し面倒になってます。また、氷筍のある坑内も氷が多い延長で地面もかなり氷でコーティングされてまして、岩の地面だと思って足を進ませるとツルンといったり。スパイクやアイゼン付きの靴の方が良いと思います。

さっそくいきましょう。









まだ続きますよ。

閑話休題: スノーシュー修理

前回バラバラに壊れたスノーシュー(西洋かんじき)ですが、これがないと話にならないので、月曜の夜に頑張って修理しました。以前の修理で100円ショップの皮ベルトを利用しましたら、人工皮革は表面の薄い膜だけで中に糸や綿くずが詰まっていて、あっという間にちぎれたのは当然といえば当然。
今回も100円ショップのベルトですが、ポリプロピレン製でリュックやスポーツバッグなどと同じ材質なので大丈夫と思いました。今日の探索でさっそく使いましたが、損傷も劣化もなく問題なし。
加工法ですが、残骸を除去してからベルトの位置を合わせて、穴は半田ゴテをぶすっと突き刺すだけでちょうどいい大きさに。あとはリベットで留めていっておしまい。動く部分なのでネジ締めだとあっという間に緩んでしまいますんで、ガチっと固定する必要があるのです。
今回使ったリベットは4.8mm径の厚さ6~9mm用で、ベルトは弾力があってリベットが決まりにくいので5mm径のワッシャをかませて留めるといい具合になりました。

ホームセンターで6千円で買った安物ですが、まだまだ活躍してもらえそうです。

2013/01/05

昨年の然別湖コタン

ネタが無いので、画質は悪いですが昨年のコンデジ写真を引っ張ってきます。
今年も然別湖コタンが1/26~3月末まで開催されます。昨年は3月にJRの青春18切符と組み合わせて安上がりに行ってきました。昼のバスで帯広駅から然別湖に向かいましたが、なんと、コタンの期間は然別湖で乗降車する場合は無料なのです。帰りはホテルのフロントで乗車券をもらえます。また、新得駅へも途中で乗り換えて無料で行けますので帰りはこちらを使いました。新得との便は土日休日運休があるので要注意です。

さて。到着しました。ここは凍結した然別湖の氷上なのです。
時間が無いので速攻で左手の氷上露天風呂へ急ぎます。誰もいませんでした。
さすがに浴槽は氷ではありません。かけ流しの温泉ですよ。
午前中に愛国・幸福駅の移動で10kmランニングしてきたので、ここで汗を流すのを狙ってましたが、ゆっくり浸かってはいられません。他のイグルーでは簡易宿泊体験もできるそうです。アイスバーに行ってみましょう。
普通に飲み物を注文できますし、氷のグラスに入れてもらうこともできます。
入り口付近のホール。氷でできてますが、結構大きいんですよ。
これは小ホールなのかな。
個室スペースも複数あった気がします。

ざっとこんな感じで、撮ってない場所もいろいろありますが、その辺はまた再訪した時にでも。何しろ、この時の持ち時間が30分しかなくて、この後すぐホテルのフロントで乗車券をもらってお土産買ってバスにまた乗るという慌しさでした。
バスの便の組み合わせ方によっては日帰りでももっとゆったり滞在できたんですが、寒い所で時間が余って凍えても嫌だなと思って、まずは軽くお試しということにしたのです。軽すぎでしたね。次はスノーシューを持っていって森林や氷上散策も楽しみたいと思いますし、普通にお金を払ってホテルで入浴してもいいかなと。

2013/01/02

豊頃町のハルニレ

元旦の午後に十勝から戻ってきました。行きは昼には帯広に着いていたので、荷物をロッカーに入れてさらに列車で豊頃駅まで移動、吹雪の中を片道30分以上歩いて、名所のハルニレの木へと。

道路から撮るにはちょっと離れていたので仕方なく雪原に踏み込みましたが、途中までは人々に踏み固められた跡があって割と楽に。それでもまだ遠い感じがあったので、いかなる犠牲を払っても完遂せよって感じで膝まで雪に埋もれながら接近し、やっと撮れました。スノーシューを持ってくればよかったかなと。
樹齢140年で2本の木がくっついて1本になったものとか。夏場とか、星の輝く夜とかにも撮ってみたくなりますね。帰り際に道路から撮るとこんな感じ。

もう少し時間があったら市街まで出て、朝日堂のアメリカンドーナツを買っていきたかったんですが残念です。次の機会に。夏場に自転車だったら撮影とドーナツを済ませてから池田まで走ってワイン城を見てくるくらいはできたと思います。駅に戻ったら体中にザラメ状に着氷してバキバキでした。

これは帰りの普通列車で新得を出てから十勝平野を見下ろすような感じで。動いてる車内からなので、なかなか撮りたい所で撮れませんでした。

今回は移動時に寄り道しなかったこともあり、写真はこれくらいです。
大晦日は温泉を2,3ほど巡っていたのですが、帯広駅南の「たぬきの里」という温泉では入浴中に靴下を盗まれました。ほどよく蒸れた使用済だったんですけどね。どういう性癖の人が何に使ったのか・・。幸い、探索して濡れた時のためにリュックにスペアの靴下を入れてあったんで問題はなかったんですが、入った時にも宇宙人かよと突っ込みたくなるほど全身緑にイレズミの入った人がいましたし、あまり客層が良くない所だったんでしょうか。

とまあこんな感じで、今ひとつ楽しめませんでした。