【不定期更新になります】
当初はほぼ週1回の更新でしたが、ネタを意識すると縛られてしまうし疲れるので、
気が向いたときに撮ったものを1点ずつ出してく方向にしようかと。

2013/12/29

ミニレポ: 函館山の謎の廃道

千畳敷に行った時、トイレなどのある広場の南端脇に廃道を見つけました。藪化しているのであっさり終点か?と思ってよく調べるとまだまだ続く。

振り返って撮影してますが、藪のせいで道が分かりづらくなっていて、地形から何とか林道幅の道だと分かります。

このなだらかに下る草原が、いわゆる千畳敷だと思いますが、左手の少し盛り上がった所が左にカーブして下りていく廃道で、まだ続いています。これは一体、どこに通じる何の道なのか? 寒川村まで車道があったなどという話は信じがたい。

 今回は時間が無かったのでここで引き返しましたが、いずれ改めて調べてみたいものです。

函館山・千畳敷要塞跡

高速バスで午後1時半に函館に着いて、夜景までには間があるので市電で谷地頭に向かい、そこから登山道の七曲りルートで上がります。その主目的は、地図の空白地帯である函館山西側の寒川村の跡へ行く3つのロープ降下ルートのうち最もポピュラーなルートがまだ未発見だったので位置を確定しておくこと。

で、そのついでに千畳敷の要塞跡に寄りました。







千畳敷から牛の背山にかけて点々と遺構がありますが、その中に紛れるように、ありました。立ち入り禁止の看板が逆に目印になってますね。割と人が入ってるようで、雪の中にしっかりと踏み跡が。




日没も迫っているので、あそこに降下するのはまたいつの日か。

2013/12/25

函館クリスマスファンタジー

函館山での千畳敷要塞跡を撮ってからそのまま展望台の方へ移動。日没まで待ちました。中国人などの観光客で溢れていて、まともにはとても三脚立てて落ち着いて撮影できず、かなり時間をロスしましたが、ほとんど誰も来ない撮影ポイントを見つけることができ、何とか夜景を撮れました。



すっかり体も冷えて疲れも出てきたので、下りは普通にロープウェーで。行程は考えていませんでしたが、適当に歩いて目ぼしいものを撮っていきました。



そしてベイエリアまで徒歩で移動。メインの巨大クリスマスツリーです。





この後は湯の川温泉まで市電で移動し、温泉に浸かってから夜行バスで帰りました。

2013/12/18

夕張・高松ズリ線など

午前4時に目覚ましをセットしていたものの、見事に2度寝してしまってハッと気づくと8時45分で遠出はできないお時間。いまだに彼女もおらんので、人類に希望を見出せずに旭山動物園で獣とお見合いしたいと思っていたが、もはや2次元しかないのかと思いつつ、とりあえず出る支度を。

付けっぱなしのパソコンに夕張への移動パターンが出たままだったんで、これで夕鹿の湯にでも行ってくるかと9時半に家を出ます。普通列車を乗り継いで夕張駅に12時半。

まずは石炭の歴史村の方まで歩いて今期初のスノーシュー散策から。ここからでも右上の方に高松ズリ線の石橋とトンネルが見えます。

しかし、ズリ線の脇の道に工事関係の除雪車や道路パトロールなんかが作業中で近づけない。川を挟んで対岸を登って撮るだけにします。残念。これ、タウシュベツみたいですよねぇ。視界をさえぎる木が無かったら星空を背景に狙うのも良いかと思うのですが?

で、その対岸の中腹に何か廃物があるので行ってみました。昭和57年竣工の社光配水池だそうです。 山上に建物らしきものが見えましたが、ここから先は急斜面で藪も高いのでやめときます。

まだ少し時間があるので、大新坑へのルートでも確認しとくかと歴史村の奥の方へ。 川沿いに隧道。人が通ったものなのか、あるいは水路でも隧道と言うのか?

この辺で午後3時になったので引き返します。

歴史村の中も良く見るといろいろあるんですよねぇ。

こんなのあったんだ、と。大きさに吹きました。

市立病院からバスに乗り、午後4時過ぎに夕鹿の湯へ。ゆったり骨休めして7時前に出て歩いたものの、自転車の時の感覚で清水沢駅に向かってしまい、列車まであと20分で残り4kmという事に気づき、駅まで汗だくでひた走りました。

2013/12/12

登別・地獄谷+α

JR18切符初日の12月10日、天気は全道的に雨ということで、温泉くらいしかないなと登別へ。入浴前に体を動かすかと地獄谷を散策します。この辺は有名な観光地ですんで道民にはつまらないものかと思いますが、そうそう毎回、新ネタ出していられるかと。
雨だったので地獄谷の最寄に中国人が9割で、あとのエリアは無人でした。自覚した時にはすでに致命的という硫化水素ガスは怖いんで、深入りはしませんよと。












 「さぎり湯」でしっかり汗を流した後、室蘭まで移動しました。夜景でも撮って帰るかと思ったものの、日没まで2時間も。シャッター商店街をぶらりとした後、白鳥大橋の方まで歩きました。その筋には喫茶ランプ城が有名ですが、安直に”後追い”はしないのだと我慢です。さて。

雨の上に風が強くなってきまして、白鳥大橋入り口の横にある展望所で撮ったんですが、傘を片手で差したままで操作したんで大変でした。暗いのでレンズに付いた雨滴を拭き切れたかも確認できず。露光している10秒間も傘で風からガードしましたが、やはりブレてしまいました。



というわけで、もっと他の所へ行けばよかったと思いつつ、バスの便がないので帰りも歩いて室蘭駅へ。今ひとつという感じの1日でした。

2013/12/04

幌内炭鉱景観公園

JR18切符シーズンの直前ということで遠出を先延ばしにして、三笠の幌内炭鉱景観公園へ散歩でもと。着いたのは午後2時半で時間もありませんでしたが、散歩と言うには少しハードでした。

バスで三笠まで行き、そこから歩きます。


ここにはもう何度も来ていますが、まだ行ってなかったズリ山へ向かいます。

 
2ヶ所ほど煙が出ている場所がありました。いまだに中で燃えてるんですね。鹿2頭と狐がいました。


戻ってくると日没までもう間がなくて、急ぎ足で回ります。







ここまで雪があるとは思ってなくて、靴に雪が入ってすっかり足が冷えてしまいました。この辺はもうスノーシューのコンディションです。