【不定期更新になります】
当初はほぼ週1回の更新でしたが、ネタを意識すると縛られてしまうし疲れるので、
気が向いたときに撮ったものを1点ずつ出してく方向にしようかと。

2014/02/26

ミニレポ: 小樽 松倉岩(鉱山)

JR18切符は来週からなので遠出は控え、近場で思い付く所も無いので、先週行きそびれた穴滝の先へ行ってみるかというわけで。朝9時に小樽です。
この1週間で状況がだいぶ変わってました。スノーモービルの踏み跡が付いて、その上を穴滝行きのグループが踏み固めたので、穴滝分岐まではスノーシュー無しでサクサク歩けました。やはりスノーモービルの跡があるのと無いのとではかなり違います。小樽峠の手前から跡は林の中へ入ってしまったので新雪の中を進みましたが、足が急激に疲労してきました。

そして小樽峠からモービルの跡が合流。スノーモービルは地理を熟知しているようで、旧道を通って最短距離で松倉岩に向かってましたのでそのままその跡に乗っかり、だいぶ楽をできました。私のGPSにはこの辺の林道が載ってなかったので、モービルの跡がなかったら道を追っていくのは難しかったし。

正午過ぎにやっと着きました。松倉岩。趣旨が違うので登っちゃいませんけど。


ここで、カシミール3Dを使って1970年代の衛星写真を出してみますよ。左端が松倉岩で右方が鉱山施設。写真の中で、坑口に関わりそうなポイントに矢印を付けました。

まず、松倉岩の周りにこんな穴が。下から生温い空気が感じられたんで、クサイですわな。松倉岩の近くに熊の寝ぐらになってそうな穴があるという情報はあったんですが、それが坑口として奥まであるのかというのが疑問でして。でもこれ、雪と岩の間に隙間がありますが先は見えないし、足元がぐっと沈んだんで退きました。雪がもっと少なかったら。

 ずいぶん登ってしまったものだ。

 さて、衛星写真の①のポイントですが、広場があるものの雪で埋もれてこれも坑口があるか確認できず。

ちょっと移動して、鉱山施設のあった辺りに来てみました。これも事前情報通りに人工物はありませんが。ちょうど写真ど真ん中のわずかに一本杉が出ている所に、道がトンネルに入るような掘割地形がありました。衛星写真の②のポイント。

この後。モービル跡がずっと続いてるんで、もしや秘密のスポットが?とずっと追っていきましたら、どうも赤井川村の毛無峠の方に向かってるっぽい。交通機関がないんで引き返してきました。

行ったのはこれだけで、他のチェックポイントは体力的にも時間的にも余裕ありませんでした。やはり新雪の上は一気にダメージが来ます。帰りもモービルの跡を外さないようにわざわざ松倉岩を登り返したのですよ。スノーシューのせいか足のカカト近くが靴ズレになってました。

そんなわけで、穴滝まで戻った頃にはフラッフラの千鳥足でした。偵察という位置付けではこんなものかもしれないけど、熊の生息域なので行く時期が難しいですな。ボロボロになった割には写真的にも収穫無しでした。しょぼん。

2014/02/19

小樽 穴滝

本命は鉱山でもあった松倉岩の周りの探索なのだけど、何だかんだで小樽着が正午だったこともあり、小手調べに途中の穴滝までと。ちょっとナメてましたが、距離的にも標高的にも先日の氷筍洞窟とそう変わらないし、意外にも山に入ってる人がそれほどいないようで、足が埋まって結構疲れました。

特に、林道から外れて穴滝までの500mは、谷間を吹き溜まりの深い雪が埋めていて、そこに川が深い溝のように刻まれ、融かされてできた空洞もあるんで、進行ラインを読みながら慎重に進んだため、その500mだけで30分かかってしまいました。

レンズに雪が付いていたのに撮り直さなかった・・。こんな感じで深く埋まってます。
 




水は右側の氷の中を少し流れています。滝という感じじゃないですね。

 
そういや三脚を持ってきていたのに使ってなかったな、と。時間が午後3時だったんで、1ショットだけねと自分に言い聞かし、これにて撤収。天気も悪くて吹雪いてましたが、そのくらい問題ない。

何かいまいち元気なくて、温泉に寄るのも面倒になってすぐに帰宅してしまいました。

2014/02/10

氷筍洞窟 後編

氷だらけでお腹いっぱいという感じですが、氷にはあまり大きさや形のバリエーションがなかったかな。
  


 



 
 


 

 

ここには初めて行きましたが、ネットの写真と比べると、正面の穴が塞がれており、中の様子も少し変わってましたね。崩落があったか人為的に塞いだのかどうか。また、至近までスノーモービルのコースになってるんで、いつカルルスのように知られるか分かりませんが、一般人が不用意に入ると死亡事故もありえるので(縦穴あり)、そうなったら封鎖されかねませんねぇ。

というわけで、私がきっかけになるのは御免こうむりたいので、今回はアクセス情報は無しなのです。お察しください。

2014/02/08

氷筍洞窟 前編

いつものように、1人でバスに揺られ、1人で山を登り、1人で入洞し、1人で撮影し、淡々と帰る。
友達いないんだよ。言わせんな恥ずかしい。

写真いきましょうか。