【不定期更新になります】
当初はほぼ週1回の更新でしたが、ネタを意識すると縛られてしまうし疲れるので、
気が向いたときに撮ったものを1点ずつ出してく方向にしようかと。

2014/04/30

大夕張 水没

シューパロダムの話題は割と関心があるようで、先日の三弦橋の記事にはそこそこアクセスがありました。一方で、無茶をした人もいたようで、昨日行ってみましたら柵を越えて降りないようになどの注意書き看板と監視員が配置されてましたね。今は完全に水没して跡形もなくなってしまってますけども。

さて。今回もJR一日散歩切符と別料金の特急を使って朝9時過ぎに夕張入り。いつものように折り畳み自転車で10時前にはシューパロダムにて三弦橋水没を確認。上流方向へ移動します。水没するのは三弦橋だけじゃないんだぜと。

シューパロトンネルを出てすぐの展望所には結構入れ替わり車が止まって皆さん撮ってましたが、そこから300mくらい先の地点の方が、美瑛の青い池みたいな水没林もセットで撮れますよ。

 沈んでゆく元・国道452号。

 こちらは白銀橋。付け替えた新しい白銀橋は完成してましたが、監視員付きで立ち入り禁止でした。

その新しい白銀橋から1kmほど先か、旧国道との間に碑のある学校跡がありますが、そこの敷地を抜けて旧国道へ出るコースは”セキュリティホール”でございました。関係者なのか、しばらく碑のそばでたたずんでおられた方がいましたが、車を横付けにしてましたね。

私もそれにならって下道へと。昔の市街地で沈む境目を撮れました。もう少し早く来ていたら沈みかけた道路橋とか鉄道の橋脚も撮れたんですけどね。

キリ助、あぼん。

ちなみに、旭沢橋梁はまだ10m近くあったような感じでしたが、すぐ近くの新しい白銀橋との高低差を考えると、満水になっても水没するのかなぁという雰囲気でした。

さて。こんなもんだろうと引き返します。
夕張市街へと向かいたかったんですが、南大夕張駅跡でのんびり食事にしていたら10分差でJRに間に合わず、楽はできずに自転車でひたすら登っていきました。目的地は福住人車の跡。山の斜面に住居が密集していたんで、ケーブルカーがあったのです。


帰りがけに平和鉱のズリ山を撮ってみる。

とまあこんな感じで、午後4時半のJRで帰りました。温泉に入りたかったけど、最後の列車だと帰宅が遅くなるんで。

2014/04/22

苫小牧 林道ぶらぶら

大して撮るものもなかったし、特に目当てもなかったので今週も枚数は少なめです。今年は雪解けが遅く、山に入らずとも札幌郊外でも雪が残ってたりするので、探索はまだ先かなと。

そんなわけで、毎度の事ですが行き先が決まらずに昼近くに家を出て、JRで千歳まで。折り畳み自転車を展開して今年初のサイクリングです。臨空工業団地の方に向かい、そこから林道を抜けてウトナイ方面へ向かうコース。

何やら沼を発見。行ってみよう。


幅1mにも満たないくらいの小川があって、その向こうの方が撮るアングルに良さげだったんで。
ハイパーエキセントリックウルトラグレート・・・すごいジャーンプ!

ぐぼお! 着地の瞬間、両足とも膝まで泥に埋まり、さらにゆっくり沈んでいく。草地だと思ったら湿地帯でした。片足が沈むより早く次の足をって感じにもがいて、何とか脱出。カメラにもべっとり泥が。誰も見てなくて本当に良かったと思った。 気を取り直して撮影。こんな犠牲を払ってまで撮るほどのもんじゃないよねぇ。

その後、国道36に出てウトナイの道の駅で休憩。レインウェアなので乾けば泥は大体落ちる。勇払川の流域の風景が気になっていたので、そこに沿う林道に行ってみました。
川からそんなに離れてないはずだけれども見通しが良くなくて道から川面が見えません。自転車を止めて川まで出てみても大した眺めではなく、源流域までさかのぼらなきゃダメかなぁと。数kmほど走ったところでミズバショウの湿地帯を発見。

もっと形の良いのを撮りたいけど、下手に動くとまた撃沈するので。

源流域まで入る時間も体力もなくなってきたので、分岐林道に入って脱出しました。その後、また別の道で臨空工業団地の方まで戻って、ピラミッドを撮る。夕日だと良かったんだけど。

すっかり体も冷えたので、千歳インター近くのスーパー銭湯「千歳(せんさい)の湯」に入ってから帰りました。
ここんとこ大した目玉ネタはないですけど、そういうの気にするのをやめました。良さげな山や川を適当にぶらぶらして、腹が減ったら帰る。それでいいじゃないかと。

2014/04/16

小樽プチ散歩

ほぼ全道的に昼からまとまった雨が降る予報があったので、探索やサイクリングはやめました。結局は一滴も降らなかったんですけどね。
ちょうど前日の14日付で、夕張シューパロの三弦橋の橋脚水没の写真を見ていましたが、現地に行っても管理事務所の脇で突出した行動を取るわけにいかず、似たような写真しか撮れないだろうし、それでずぶ濡れサイクリングだと割に合わんなということで夕張は行かないことにして、今週は軽く散歩と風呂で終わらせるかと。

小樽駅から祝津までぶらっと歩いてきただけです。旧日本郵船の近くの「喫茶 北運河」。50mほど通り過ぎてから気になって入ってみました。お許し頂いて撮らせていただきました。



玄関で靴を脱いでスリッパに履き替えて入ります。客は私しかいなくて、落ち着いた雰囲気の中、昔の小樽について書いた本をめくり、一息つきました。

そして、手宮駅跡の小樽市総合博物館は火曜定休なので柵の隙間から撮る。

 これは手宮洞窟の脇にある擁壁。面倒なので説明板ごと。


祝津に向けて歩いて行って、高島の方に高台に上がる古い遊歩道みたいなものがあったんで上がってみましたが、上は地元の人の畑になっているだけ。祝津側に回ってみたら古い段々畑の跡があったけれども斜面が整備されてしまって降りる道が無くなっていて、ちょいと手間取りました。これは2年前のですが、少し別の場所から上がった所にある社の跡。

というわけで、バスで戻って風呂入って帰りました。

2014/04/09

かなやま湖 根室本線 旧線

南富良野のダム湖、かなやま湖。そこに沈んだ根室本線の旧線の跡を探ってみようというわけで。まずは歴史的背景から。1966年9月29日に金山ダム建設に伴って金山~東鹿越間が新線に移行。その間にあったダム湖中央に位置した鹿越駅が廃止され、新線の方には鹿越信号所ができ、それも後に廃止される。

JR18切符のラスト1回を使って行ってみました。東鹿越駅に11:52着。実は当初、旧線がどう走っていたのか全く知らなくて、昨年は幾寅から東鹿越まで自転車で走って廃線跡が無いか調べたりして、先日、車窓から東鹿越駅の金山側に跡があるのを見つけたので行ってみたと。古地図で机上調査してから来いよと突っ込みたくなる方もいるかもしれませんが。

旧線のラインが不明なので、湖岸も含めてチェックしながら金山方向へ歩きます。鹿越大橋の直前に旧線の橋脚がありました。50年もたつと地形も改変されるのか、ここから右の駅方向には路盤はすぐに消滅しますし、左方向には道路で寸断されてその先には明確な跡は無しと。

道路を渡ってその先には昔の展望所の跡が。夏場は藪に覆われてます。旧線のラインはこのすぐ向こう側を右から左へ湖に着水するように緩やかに降下します。

そのまま湖上の氷の上を真っ直ぐ進むとレンガの橋梁が。川を渡渉するのが面倒なのでそのまま上を通っていきました。時期と時間を選べば良い写真が撮れるかな?

その先の橋梁跡。路線のラインがうっすらと。

さらに橋梁跡。

川を渡ってからクレバスを足がかりに氷壁を上がってもう1枚と。気が緩んだんでしょうね。リュックは嫌な予感がして片腕通しておいたんですが、カメラケースがポロっと。スー・・・ぽっちゃん。下手に動くと自身も滑落するんで見送るしかなかった。

橋の上はヒビの入った氷のみなので上は渡れません。一歩で何とか渡れそうな間合いなんですが、リュックもあるんで万一バランス崩すと落ちるからと少し上がって川を渡りました。

水量が多いこともあって橋脚が水没してますね。路線跡はこの後、切り通しを右にカーブして湖の中央へ向かっていきます。この先、鹿越信号所跡まで湖岸付近をチェックして路線跡が無いことを確認しました。写真左手の土手部分が旧廃道で、そのさらに上方に現在の林道があり、そこまで上がってから進みました。

というわけで、あとは完全に水没部分となりますし、平地を走行していたんでたとえダムが完全に干上がっても明確な路線跡はほとんど出てこないと思います。

昔の旧線時代の写真を見つけました。こちらの2枚目が鹿越駅と思われます。3枚目が完成間近のダム内部を走っているもの。これで路線ラインがおおよそ想像できます。
http://sl-taki.blog.so-net.ne.jp/2010-02-12

鹿越信号所跡を午後2時過ぎに折り返し、3時過ぎの列車にギリギリ間に合ってそのまま帰りました。もう少し雪や氷が融けていると思ったんですけどねぇ。

[追記]
後日、旧版地図を閲覧してきました。「映像記憶」したものを手書きで再現したのでちょっと雑ですが、大きく外してはいないと思います。注目すべきは金山ダム堤体の位置にある隧道(トンネル)。大正時代の地図では隧道は無く、川に沿って下の方までカーブして回り道しています。路線の切り替えをスムーズに行うためもあって隧道の位置に堤体を作り、移行後に穴を埋めて運用開始したという事ではないでしょうか。また、大正地図には鹿越駅も東鹿越駅もありませんでした。

2014/04/02

ミニレポ: 余市 歌越海岸

JR18切符が足りなくなって(来週使いたい)、1日散歩切符があるだろうと思っていたら3月末までだったと分かって失神したエイプリルフールの朝。行き先も思い浮かばないので温泉だけにするかと思って引き出しを開けると、余市山道の探索時に拾った古地図が。気になっていたアソコに行ってみるかと。

昭和30年くらいまでの地図にはあるものの現在は消滅している余市の歌越。松浦武四郎の「西蝦夷日誌」には「番屋有、大岩崩なり」とあり、アイヌの歌人違星北斗を輩出した違星家の漁場だった所だそうです。

JRとバスを乗り継いで「余市梅川車庫」で下車。養護学校と創価学会の間の道を海の方へと。しばらくは舗装されてますが、砂利道に変わり最終民家の後は廃道。道筋は川に並行してほぼまっすぐです。夏は笹などで激藪となって道が分からなくなります。一度、近くの山から見渡したことがあるもんで。
途中まで山が刈られていますが、その後は手付かず。狐が現れる。

ここが道の終点。この向こうは絶壁の崖です。古い廃車がありました。右手の方を下ると、真っ平らではありませんがそこそこの広さの台地が現れ、おそらくその辺が集落ではなかったかと。

これは終点左手の様子。川の流れのように凹んで曲がったラインが右から左へと続いてますが、こんな崖上にここまで削れる川が流れるわけはなく、これが古道でしょう。右でストンと消えているのは地滑り崩落でごっそり落ちて海岸に降りられなくなって集落が滅んだと推測。

これが歌越海岸。絶壁で降りられません。先へ伸びているのがオトドマリ岬。

道の終端右手の台地の方へ降りて崖上沿いに移動してみます。やはりここだけ木が薄くて、西蝦夷日誌の古道を感じさせます。

右手へ回り込んで向こう側からなら何とか降りられそうという箇所。それでもロープは要るでしょう。地形図と航空写真を見ると、もっと進んでシリパ岬の近くまで行けばもう少し傾斜の緩い降下ポイントがありそうです。 写真奥がそのシリパ岬。

海岸を見下ろしてもそれほどソソるものは見えなかったので、無理な降下はせずに引き返すことに。これは帰りの下り方向。夏場は道を見失いそうです。

検索してみると、昭和初期の余市新聞によると、シリパ岬と歌越の間のクヮチャライシに洞窟があり「鬼」と呼ばれた男が住んでいたそうな。いずれシリパ近くから降下に挑戦してみるかな。この古道と並行するようにもう少しシリパ寄りにも舗装市道から分かれる古道がありますが、夏場は踏み分け道程度の激藪で入り口に気づくのも難しいでしょう。

徒歩で余市駅まで行ってさっさと帰ってしまいましたが、何かあるんじゃないかとワクワク感があり、そこそこ満足しました。