【不定期更新になります】
当初はほぼ週1回の更新でしたが、ネタを意識すると縛られてしまうし疲れるので、
気が向いたときに撮ったものを1点ずつ出してく方向にしようかと。

2014/12/24

夕張 大新坑手前の遺構

疲労の蓄積もあって函館には行きそびれ、3時に目覚ましかけたのに2度寝したこともあって始発に乗りそびれ、今日はどうしようかと。気象レーダーでは岩見沢から夕張にかけてガッツリ降雪となってましたが、カンでは「問題ない」というのでとりあえず出てみたと。

12時半に夕張駅に到着。雪はやんで無風状態。人をほとんど見かけなくてゴーストタウンな市街ですが、カップル1組が写真撮ってました。
で、高松ズリ線の辺りは相変わらず重機が動いてるしで、大新坑の方でも行ってみるかと。深い粉雪で、大型のスノーシューでも膝まで埋まって結構な負荷でした。私は廃道からこの方面に入ったんで、古い道筋である川沿いのルートを選択。かなり手前ですけど、黄緑のプレハブの陰に良さげな遺構がありました。前回の恵比島ではこんな感じのを期待してたんですよ。

緑の残る時期にもう一度撮りに来たいかも。





で、川沿いに進んでいくと、見事に橋が消滅していてジエンド。対岸は古いコンクリートでずっと覆われてますね。この道が使えなくなったんで山の上部ルートが開かれたんじゃないかと。川まで少し高さがあるのと、すぐに砂防ダムになってるんで雪がなくても渡渉は厳しい感じです。なるほどねぇ。

引き返してから上のルートに登って行ってみましたが、あと500mくらいの地点で午後3時を過ぎ、また今度にするかと帰ることに。時折立ち止まってキツツキや川の流れの音に耳を澄ませたりで、気分転換になったし、最初から狙ってたわけじゃないんで、これでいいんです。

2014/12/20

JR留萌本線 明日萌駅(恵比島駅)

連続テレビ小説「すずらん」の舞台。本来の駅舎は貨車の方なのですが、それも表に木を貼り付けて違和感ないようにしています。
明日萌の駅舎の方は冬季は閉鎖されていますんで、窓ガラス越しの撮影です。周囲には店も自販機もなく、駅に暖房もないので冬に行かれる方は相応の防寒対策を。








こちらの駅前旅館も夏場は公開されています。

以前から気になっていた、線路の向こうにある留萌鉄道の社屋を使った日本ケミカルコートの建物。ですが近づいてみるといまいちソソられなかった。中も薬品容器やキャップがゴミ屋敷のように積まれていて、見るにも撮るにも値しないなとさっさと出てしまいました。

札幌が悪天候になる前に帰りたかったんで、これで退却です。ほろしん温泉には町営バスもありますが、交通機関との接続が考慮されていないので冬は厳しいですね。

2014/12/17

旭川 国鉄旧線 伊納隧道

今週は2本立てです。
予報で夕方から大荒れとのことでしたんで札幌6時発のJRで速攻をかけます。本命は留萌本線の方なんですが、深川駅での待ち時間が3時間近く発生するので、旭川でコーヒーでも飲んでから折り返すかというのが当初の方針。
車内でタブレットパソコンで地図を見ていて考え直し伊納駅に8時45分くらいに降り立ちました。サイクリングロードをズボズボと深川方向に歩き出しましたが、並行する道路がキッチリ除雪されてましたね。

何はともあれ、冷凍庫より寒かった。石狩川には流氷が。




というわけで、国鉄旧線を使ったサイクリングロードの伊納隧道のさらに川側になりますが、もっと古い伊納隧道の方へ。





10時過ぎに伊納駅に戻りましたが、列車まで30分近くあって凍えました。パンでも食べようかと思ったらアゴが動かないし。この後、深川で留萌本線へ乗り換えます。

2014/12/03

小金湯プチ散歩

天気予報で大荒れとのことでしたし、直前に気象レーダーをチェックしても札幌と空知管内以外はアウトな状況。体も(心も)冷えているんで、温泉にでも行こうかと。じょうてつバスの温泉日帰りパックで小金湯へ。

温泉に行くだけのはずなのに、探索ウェアに登山靴なのは自分でもナゾ。バスを降りてから国道と温泉との間にある、定山渓鉄道の路線跡を歩いて一の沢橋梁跡まで往復しました。豊羽鉱山の排水パイプが埋まってるんで、所々刈り払いされています。


路線跡にキロポストが残っているという話だったんですが見つからず。途中に民家の敷地があって回避したのでその辺だったのかも。


体も冷えたんで温泉へ。湯に浸かると意外とボロボロだったのが分かりました。ストーブ使わないし、布団があるのに寝袋に入っちゃうし。


この時期の雪の降り始め、緑と白のコントラスト。