【不定期更新になります】
当初はほぼ週1回の更新でしたが、ネタを意識すると縛られてしまうし疲れるので、
気が向いたときに撮ったものを1点ずつ出してく方向にしようかと。

2015/12/23

美唄 冬の我路

あまり雪が積もらないうちに行かねばと思ってましたのでこの機会に。美唄駅から市民バスでアルテピアッツアまで行き、そこから片道3.5㎞ほど徒歩です。

歩き出してすぐのこの物件。本来の目的じゃないので先を急ぎます。

我路の集落も少し寄っただけです。


今回の目的ですが、三笠の奔別からこの美唄の我路への古道を探るにあたり、美唄側の状況がどうなってるかを調べておく必要があったのと、そのついでに昔の地形図にある奔別越沢の炭鉱跡周辺も調べたいというわけです。

ところが私は重大な勘違いをしていた。川に沿って奥地に行けばいいとだけ思っていて、沼東小学校の方に行ってしまったんですね。川が別の川だったのです。川沿い廃道の終点は浄水施設なんですが、そこの崖上廃道の脇の巨大貯水槽。

その廃道はかなり荒れていて2輪でも車両は入れない状態でしたが、道脇のミニ滝はなかなかでした。


奥地に行く廃道分岐はあったんですが、それは違うと言うサイドエフェクト。引き返しました。
帰りがけについでなので沼東小学校。以前にあちこちのブログで出てたんで、俺は流行りものには乗らない(笑)とか言ったような気がしますが、まあええわ。




水没している1階はまだ氷結してないんで中には入りませんよ。もう水に落ちるのはごめんだ。

まだ少し時間があるかと炭鉱鉄道跡の先を行って、これを撮って帰りました。

アルテのバス停に着いたのが午後4時過ぎでバスまで10分。ちょうど良い頃合いでした。

2015/12/11

小樽 神工園と朝里鉱山

当初の目的は札樽軍事道路でした。行ったことはありましたが崩落断絶した箇所までで、今の技量なら崩落個所を突破して朝里まで抜けられるだろうと。

すでにスノーシューの足跡もあり、割と人が来ているようです。歩いていてふと、山中に見える巨岩が目に留まり、いつものサイドエフェクト。(行ってみろってか・・) 

コースアウトして斜面を降りてゆく。ただの巨岩かと思いましたが。

かすかに人の気の残滓を感じるが、気のせいか? もう少し下に降りてみる。岩の数が多くなってきました。

珍しい風景ではあるけど、ただの岩石地帯か、と思って戻る前に辺りを見回してみたところ、人工物発見。

間違いなく人が入っていた。とすると目的は? 探索することに。ただの岩を撮っても仕方ないかと思い、洞門のような珍しいところだけ撮りました。もう少し広角で周辺風景を撮ればよかったですね。

人が通れるくらいの大きさはあります。

 廃道があり、採石場の方まで続いていましたが接近しませんでした。

ドラム缶を発見。少し離れた所にもう1本。


岩は苔むしていて、風景としてみても散策の価値はあるかといったところ。雪解けの芽吹きの時期に見てみたいかな。


登り返すのも面倒で、このまま廃道を行けば出られるかな? とそのまま国道に出られました。出口(高速道路より手前)付近に駐車場だったと思われる広場あり。

国道に出てバス停の名が「神工園」。そうか、と思って帰宅して検索してみました。
小樽の出版社さんのブログからの転載ですが、昭和30年の北海道新聞での「〝忘れられた〟観光地」と題した記事の内容。

「丁度オタモイの観光施設が着工されると同じころに門馬某氏が
張碓トンネルを札幌に抜けた右手の岩山約四十町歩に着目、自然の岩石を利用してアズマ屋を数カ所に立て、清冽な水の流れをせき止めて池をつくりコイを放ち〝神工園〟と名付け、風雅な趣は札樽人にひろく愛された……」
 (その後、昭和10年台に戦争により閉園)
「二十数年の歳月は風雅な別天地から轟音絶え間ない砂利採掘と鉄鉱石発掘のハッパの音で明け暮れるすさまじい様相に押流した」
「戦後開拓農民に貸与されたこの土地は〝農耕不適〟でサジを投げ出され二十六年ごろからは〝自然の岩石〟から鉄鉱石を採取する計画が進められ人手から人手に渡って現在では二十四人の鉱夫が露天掘に従事する朝里鉱山がささやかにこ動を続けている」

そして下の図は、杉本良也氏による銭函図幅説明書(北海道開発庁、1953)より。

私のとったルート・エリアと朝里鉱山が完全に一致します。そうすると、上記の写真は園地としての神工園の遺跡でもあり、朝里鉱山の跡とも言えるわけです。

軍事道路を歩いていて、ちょうど裏山鉱床の辺りで廃道が目につき、「鉱山臭いんだが・・」と思ったんですが、その通りでした。「北海道小樽市近郊朝里鉱山の鉄鉱床とその鉄鉱石について」という論文を見つけてざっと読んだところ、「仏の沢鉱床(坑内堀)」という記載が。穴があるのか? 今後の課題です。

なお、この辺は冬場は特に車を止める場所が無いので、ご注意を。

2015/12/03

三笠 奔別川対岸の回廊遺構と坑口

前回の記事での地形図ログを再掲載。

対岸遺構地帯に降りたって、まずは左側の回廊エリアに向かいます。

 ここはしっかり石垣が組まれていて、さながら城郭のようです。

突き当りは断崖。写真では分かりづらいですが、写真ど真ん中に網の目のような対岸の石垣が見えます。対岸は完全に崩落してしまったということなのでしょう。

ここには石炭の露頭が。

左を向くと、写真左に吊り橋の礎石と思われる四角いコンクリート。ちょうどU字型にUターンする形で回廊があります。

曲がると、通路右側に小屋ほどの空間。回廊を作ってさらに囲われた作りというのは、火薬庫があったのではと考えられます。

突き当りには。同じくらいの空間に壁の残骸が。墓標みたいな感じ。

それでは戻りまして、次は反対側の対岸遺構エリアへと。 先日見つけた中ノ沢坑も見下ろせます。




上部には何もなし。

ライトで内部空洞を見たところ、ゴミがたまっているだけで地下に通じているわけではありませんでした。

それでは少し戻ってから坑口への廃道を。遺構より少し上です。


今回は中には入りませんでした。
別に、嫌な予感がしたとかではなく、ヘルメットやヘッドライトも無くて自転車用ライトだけでしたし。それと、左岸廃道の記事に書きましたが、途中の陥没が坑道の崩落を示していて、それほど坑道の長さは残ってないだろうと思ったので。
スクープにはこだわってないので、後は読者諸氏の責任でお好きなようにどうぞ。

三笠 奔別川左岸廃道(改)

以前に出した記事は廃棄して、新たにご案内することといたします。
対岸の炭鉱遺構への道筋を。


1.まずは国道から入った序盤。この辺は水たまりが多くてヌカるみます。地形図にもありますが、右手に「マンホール注意」のピンクテープ囲みがあるのが目印で、そこから分岐します。

2.しばらく行くと道はぐっと登り始めます。元々の道の跡もありますが、50mほどでぶっつり崩落切断してるので行く価値はないです。

3.ここがこのルート唯一の危険個所。崩落斜面を横切ります。夏場はさほど問題ないですが、積雪期は雪崩れる恐れがあります。左側がストンと落ち込む急斜面なので落ち方を間違えるとアウト。ですのでスノーシューの時期は逆に避けた方がいいかと。

4.この後、道はさらに急角度に上昇。

5.登りつめると、ここが初夏に探索した時に行き止まりで引き返した地点。土盛りの向こうは谷間です。

正解は、右に向くと倒木で塞がれた道が続きます。夏場は壁のように見えるので道が無いように思えます。

6.20mくらいか、少し進んだだけで分岐があり左に折れて登りです。直進すると行き止まり。

7.次も同じくらい少し進んでから左折。

8.ここは少し道の形が出てますね。

9.そこそこの空間。川ではないのに幅のある空間が右の分岐の方に続いていますが、ここは左に折れます。

10.少し進むと。右に曲がりたくなりますが、これは分岐で左に行きます。

11.谷間沿いの道。崩落しているように見えますが、徒歩道ほどの幅は確保されていて問題なし。

12.それほど進まないうちに、アレ?道が無い、という感じになりますが、斜め左にカクンと折れて降下を始めるんですね。

この辺から大きな陥没がいくつも現れるので脇にかわして進みます。このブログの読者であればもうお分かりかと思いますが、複数の陥没が現れるのはその地下に崩落坑道がある可能性があり、穴に踏み込んではいけません。

13.ここはちょっと道らしい空間。ぐっと降下します。

これも沢のように見えますが奥の方が高くて谷間ではなく、水がたまってもいない。陥没です。

14.あれ? という所で下を見下ろすと廃道が見えたので斜面を降下。地形図にあるように元々はもっと低い所に道があり、崩落不通でルート変更になったのでこんな雑なことに。

矢印のように左に進むと吊り橋跡の断崖遺構に出ます。そこではU字型にUターンして回廊が作られています。そして、写真を撮った方向、右側を行くと坑口、対岸遺構は目視できるので途中から斜めに降りれば行けます。

ここでトラップに注意。対岸遺構の手前の広場は住宅跡で、汲み取り便所の便槽が地雷のようにボコボコ埋まっており、積雪期はたまった水の表面が凍ってその上に雪が乗るので目視で分からないことがあります。