【不定期更新になります】
当初はほぼ週1回の更新でしたが、ネタを意識すると縛られてしまうし疲れるので、
気が向いたときに撮ったものを1点ずつ出してく方向にしようかと。

2015/05/25

三笠 奔別川の水道施設跡

左岸廃道をざっと見てきた後、錦大橋の下が気になって、じっくり見てみましたら。
木々の中にコンクリートが見えますし、橋の下には隧道?
というわけで、午後4時に本日2度目となる川の渡渉。昼飯がまだだったのでフラフラで藪漕ぎしていきました。なお、茶色の点線で書き込みましたが、河原まで砂利道で楽に降りられるルートがありました。


橋のたもとを降下すれば渡渉しなくても? と思われるかもしれませんが、こちら側は急斜面で木が少なく、滑落のリスクありと判断。

フラッシュで撮影。残念ながら崩落で閉塞です。どこと通じていたかという話ですが、反対側は蛇行した川なので、短絡水路として掘削したのではないかと。向こう側にも坑口があるのかは未確認です。
 

施設跡の遺構はこれだけで、あとは廃橋と周辺に小さい構築物がありました。





草木に飲まれたトラックの残骸。

廃橋。博物館の方とつながっていたようです。

他にも山中に向かうナゾの踏み分け道(地元民が通っている感じ)や廃道など、いつかまた調べてみます。

三笠 奔別炭鉱軌道の隧道+α

そもそも今回、奔別を目指したのは、どこに出かけようかと「新・鉄道廃線跡を歩く」の本をめくっていた時に、大正5年の地形図に奔別炭鉱の地下を通る炭鉱軌道の隧道が出ていたのを見つけたからです。

昭和の地形図には炭鉱軌道は描かれていないので、どのレベルで残存しているかは怪しいもんでしたが、それを確認してみようというわけで、基本は奔別川沿いを支流の部分まで見ていこうとしたわけです。

そして、小川をまたぐ隧道の坑口跡を発見と。

橋の下に坑門の黒いのが見えますね。

幾春別側の坑門。

残念ながら、両側ともに崩落して自然な斜面に戻っていて、坑門のコンクリートだけです。 大正時代のものですからね。

コンクリートだけということで、橋台の可能性もありますが、
 ・ 地形的に斜面が急でそこに行く廃道跡が無く、旧道は少し高い位置で現道と並行
 ・ 強度が求められる橋台の真ん中にわざわざ大きい穴を開けるとは思えないし、橋台としては厚みがない
ということで。

他に軌道や隧道の跡があるとしても、現役の露天掘り敷地か奥地かですんで、難しいですな。
現地で見ても仕方のない物件ですが、行く方は現地の斜度が急なのでルートを見極めて慎重にどうぞ。私は現橋の幾春別側の下をくぐる形で降下しました。

さて。あとはオマケです。
冬に行った吊り橋跡は草木で見えなかったので引き返しまして、これは途中にある奔別川を渡る橋の跡。この規模を見ると、左岸の廃道もかつてはそこそこ重視されていたのだと思われます。



これは、国道から左岸の廃道を少し進んで道が荒れてきた地点の平場。 遺構はこんなもの。奥地へと続く左岸廃道はこの直前で分岐して少し山側をいきます。詳細は前回記事の地形図を参照。

国道にほど近い所に並行して残っている廃橋。道からでは隠れて見えにくいです。

2015/05/23

三笠 奔別炭鉱 対岸の遺構 後編

これが遺構の山側。ざっとしか見なかったんですが、まさか上に入り口があるような軍事的な遺構じゃないですよねぇ。冬の奔別沢の遺構といい、まともな建物じゃないんで。

遺構に泉が湧く、という感じに苔むしてますが、これは汲み取り式便所の便槽だと思います。背後の平場にこんなものが10ヶ所以上ボコボコありましたんで、探索する方は足元に気を付けて。


これは井戸じゃないですかね。


右手奥が最初の遺構です。


地図には左岸沿いの廃道がありますが、藪を気にしないのなら川を渡渉せずにすみそうです。この先も奔別沢方面まで左岸の廃道は続いていて、冬に見た吊り橋跡に続くものと思われます。

三笠 奔別炭鉱 対岸の遺構 前編

微妙に枚数があるので前後編に分けます。
突発的に決めた奔別沢。行きはJR特急とバスで、自転車は持たず徒歩。午後1時過ぎに到着。博物館を過ぎた所の交差点から車道をしばらく進みますと、炭鉱からきた道とクロスしてその先は廃道という所で不意に足が止まり、廃道に入っていきました。

(何かあるというのか?)と川の方に出ますと、廃橋が。

そして対岸に遺構。これは車道からでも見えますが、この時はこの時点まで知りませんでした。

見たい。行くしかない。しかし・・。目の前の川は朝の雨で増水して水量はそこそこあります。常連さんはお気づきかもしれませんが、私は靴を濡らすのを嫌っていて(後が面倒で)、ザブザブ水に浸かって渡渉したことはほとんどないんです。
写真では穏やかな川に見えますが、浅い所でも膝まで浸水し、腰以上までいきそうな淵もあります。水の圧に足を取られて転倒しない事だけ考えて一歩一歩踏みしめて進みました。





この外側通路のようなものはどんな意味が?

明らかな入り口はここだけですが。

中はこの小さい1部屋だけ。左の窓の奥に空間があって、ストンと落ちてる感じだったんですが、下の方を覗いてみなかったのは失敗でした。

次は建物と山側との間の平場の様子を。

2015/05/15

千歳湖と美々川源流

千歳湖という名称を知っている人はマニアではないかというくらいマイナーなスポット。美々川の水源池で千歳科学技術大学の近くにあります。

以前に雪が残る時期に美々駅から歩いて美々川に入り、スノーシューで千歳湖まで行ったことがありました。野鳥が羽を休める湿地帯で、狐の足跡に付いていけば間違いないだろうと思ってましたが、氷を破って水に落ちた跡が。キツネ先生ェ。

今回は苫小牧から移動してウトナイのサンクチュアリに立ち寄って少し散策。木道も整備されてますが誰もいなくて静かな場所。

美々駅の方から向かいましたが、自転車で川沿いに入れないのでかなり遠回りをする形で千歳湖の方へ。
 
上の地図にありますが、見落としそうな砂利道に入ってすぐに数台分の駐車スペース、そこから斜面を下りる徒歩道で遊歩道に入ります。廃道は地図にあるけど視認は難しいレベル。源流散策するには普通に湿地帯に踏み込むしかありません。

 ここから流れ出す川の方へはいくつかの踏み分け道。人の足跡もありますね。




不用意に入りすぎると方向を見失うので、散策する方はGPSの装備を。
雨が降りだすまでには電車に乗ってしまいたいと思い、深入りせずに帰りました。

苫小牧 北大演習林

当初は塩狩峠の一目千本桜と国道40旧道のつもりでしたが、どうにも気が進まなくてまた来年。何となく足が向いたのが苫小牧の北大演習林です。昨年、「苫小牧 林道ぶらぶら」の項で勇払川の源流を目指して挫折しましたが、今度は幌内川。

常連さんは、何だつまらんと思うかもしれませんが、源流に惹かれるのは心がピュアなものを求めているからかもしれません。病んでいるのかね。

さて。案内看板もなくて道が分かりづらかったです。日中に一般公開されてますが、エリアは限定されてますし、枝道には車やバイクは進入禁止なので、駐車場に止めて散策というスタイルになります。ゴミも無く管理されているので、一言でいえば一般人にとっては良質な自然公園です。









山菜は許可を取れば採取できるようですけど、林は研究用で入れないのでワラビ・ゼンマイくらいしかなさそう。
林道を進んで源流の方を目指したかったんですが、着いたのが昼過ぎで、雨が降るという夕方までに千歳の美々川まで移動したかったんで軽めの散策となりました。