【不定期更新になります】
当初はほぼ週1回の更新でしたが、ネタを意識すると縛られてしまうし疲れるので、
気が向いたときに撮ったものを1点ずつ出してく方向にしようかと。

2016/12/31

小樽 塩谷散策(改)

最初の散策は2016の6月でしたが、その後に塩谷の廃道探索などした結果を加えて記事を改めました。

まずは塩谷の国道トンネルのスキ間へと。

 前に撮った気がしないでもないですが、まあいいか。

 旧道トンネルの出口から。


そこの地蔵尊に参拝したことはあったんですが、内部横の壁に云われが掲示してあったのに気づきませんでした。塩谷~桃内間で7か所ものトンネルがあったとは!

上の地形図で小さく「何コレ?」となっている部分ですが、トンネル工事の作業道だったようで、様子が一望できました。
右のコンクリートが現在の国道トンネルで、左側の旧道は土砂で埋まってます。下は崖で降りられませんので、これ以上の追跡は無理ですね。

次は塩谷の集落を抜けて、気になった場所へ。崖の方に道がありますが、余市歌越のように海岸に降りるルートとか漁業集落の跡があるのかと。

古い舗装路が続きますが。

途中からジャングル廃道で、今回は時期が悪くてあきらめました。

そして年末に、スノーシューでその先に踏み込んでみました。割とあっという間でした。右側が海です。

並んだ木が道幅の空間とともに尾根へ伸びていますね。

余市の歌越海岸のように降りられるのかと思ったら、どこも完全に絶壁でした。海に向かう強風が吹くので、これ以上は近づけません。

オタモイ方向を向くと、右手から緩やかに登って切り開かれた道がありそう?と思いましたら。その先も絶壁でした。

尾根へ登る途中に振り返って。左手奥が塩谷の集落です。

尾根を越えて崖沿いのラインで古道を探してオタモイへと思っていたんですが・・・。
地形図で処分場となっているエリアが思ったより広大だったようで、身も蓋もありません。左側はすぐ崖です。動いている車両もあるし目立つので、ここで引き返しました。

さて。6月の話に戻ります。

オタモイ側の道を登りつめた右手には。 小樽新道岬観音だそうです。

ここから三十三カ所が始まっているのは、初めて知りました。自転車なので通り抜けはしませんでした。

三十三カ所の終点の先にも元々は道がオタモイまで続いていたようで痕跡はありますが、夏場は笹薮が濃くて道を途中で見失いそうです。

2016/12/21

三笠 奔別から美唄への古道を探る

久しぶりの奔別です。今回は、美唄の我路へと続いていた古道がどうなっているか、小手試しをしてきました。時代を経ているので、そうすんなりと行かせてもらえるとは思っていません。

奔別沢への林道分岐で午後1時という所。林道は工事でもしているのかしっかりと除雪されて車も入っていました。

地形図では橋がありませんが、橋も道路もありまして、ジグザグに登る車道の途中にこのような土手の切れ目が。これが、斜めに登っていく古道の入り口。

車道をまたいで、上の地形図のGPSスタート地点です。 写真真ん中に凹みの直線が続いていますね。幅は車1台くらいありますが、勾配は急で、これが古道という感じです。

地形図に書き込んでありますが、ぐいっと上がるとそこそこの広さの平らな台地があり、新たな遺構発見です。

形状からすると、水汲み場のような感じ。これから山を登ったり降りてきた時に一息つく場所としては良い位置です。 しかしコンクリートで造る意味はどうなんでしょうかね。

標高200mのラインに沿って順調に道が続いていくと思った矢先、巨大な山崩れによる谷間の断絶です。 下まで10mはあって、下手に降りると雪が崩れて上がれない斜度です。

あとは写真が無いですが、いったん遺構の広場に戻り、上に登る道に入ってみました。それも途中から道が消えていきますが、登ったおかげで谷間の断裂の上を行くことができて先には進めました。古道のラインまで降りると帰りが面倒なので、そのまま奥の方をざっくり回り、しばらくは道以外に何も無いなということで戻りました。
遺構の上部からも帰り着ける古道のラインがありました。GPSログにある通り。最後は面倒なので突っ切って車道に出ました。外からは単調な林に見えますが、割と網の目のように道があります。

暗くなってきてましたが午後4時前、林道分岐の橋のたもとの下にある、炭鉱軌道跡を使った古道の跡に降りてみました。位置は上の地形図参照。

下に降りてすぐ、橋台と思われるコンクリート塊。

そこからは切り通しのライン。左の壁のすぐ向こうは川です。厳冬期は雪に埋もれて分からなくなると思います。

川に出る直前、両側に大きなコンクリート。橋台だと思われます。

木で見にくいですが、写真の真ん中に鳥居のように建つ巨大な対岸の橋台。吊り橋ですね。昔の地形図では鉱山軌道が通っていたラインなので、その後に道路転用されて吊り橋になったのではないかと。以前、この辺に鉱山軌道のトンネルが?と書いたと思いますが、削った谷間でしたね。

というわけで探索終了。幾春別のバス停に着くとちょうど真っ暗になりました。


2016/12/13

オマケ: 稚内・大沼近くのレンガ遺構

オマケ写真です。天北線巡りの時に宗谷岬に寄り、道を間違えたついでに大沼近くのレンガ遺構に寄ったので、その写真を。







2016/12/08

幌延町の無人駅

天北線巡りを終えて、中頓別から峠越えして問寒別に出て、歌内駅からスタートしました。
ほとんど同じような貨車駅舎なので、凝らずに記録として同じ構図で淡々と撮っていきました。実際には角度を変えてもうちょっと枚数撮ってます。



 問寒別駅。ここはちょっとした集落で、駅舎もリフォームした感じ。


 糠南駅。不覚にも、焦っていてこの”窓付きの物置”の中を見るのを忘れてしまいました。

雄信内駅。



安牛駅。


 南幌延駅。待合室の中は撮りませんでした。



上幌延駅。


幌延駅は通過して、下沼駅です。日没でちょーっと車を飛ばしました。



町が維持管理費を負担するとしてとりあえずは延命しましたが、路線自体の廃止論議もありますので、今後どうなりますでしょうか。