【不定期更新になります】
当初はほぼ週1回の更新でしたが、ネタを意識すると縛られてしまうし疲れるので、
気が向いたときに撮ったものを1点ずつ出してく方向にしようかと。

2016/04/22

札幌 レトロスペース坂会館 後編

あちこちに昭和のヌード写真が置いてあったり、ランジェリーがぶら下がってたりして、ピュアなおにーさんを堕とそうとする罠がいっぱいです。

















潰そうとする社長さん側と、現状維持するつもりの館長さんとで、今後どうなるかは不透明であります。


札幌 レトロスペース坂会館 前編

4月中に閉館するかも?という噂があったので行ってきました。TVや新聞でも報道されてましたね。
















続きます。

2016/04/16

三笠 幾春別炭鉱・錦坑の周辺

まずは、夏場は藪に隠れて分からない、博物館の横にある分館の森林資料展示室のさらに横の小山です。

これは貫通している通路ですね。

その横のこの穴は坑口ではないかと。


鳥居があるので登ってみると。

拝殿の残骸ですね。

拝殿の奥にコンクリートがありますが、これは炭鉱関連でしょう。

 これは先ほどの貫通路の反対側。



これはちょうど森林資料展示室の真裏です。


それでは次に、少し離れた錦坑立坑まで移動します。

先日、雪が深くて途中で断念しましたが、「立坑の裏山にまだ何かある」と感じていました。今回は立坑側から進んでみようと思いましたが、右手に登っていく廃道がちゃんとありますね。

 やはり。裏山にはまだ何かあるか分かりませんが、今回はこれで一区切りとします。


2016/04/14

三笠 弥生の露天掘り炭鉱

弥生炭鉱の探索の時に脇を通って、何かあるなと思っていたんで行ってみました。まずは弥生町の有名な遺構を上から。

ちょうどこの背後の斜面から登りました。よく見ると廃道もありますね。その向こう側には。

全くの平場でもない切り開かれた空間。これの正体は後ほど分かります。右の稜線沿いに進むと。
弥生配水池処理場の古い看板がありました。





 さらに先へ進むと、かなり開けた場所に出ました。

石炭がゴロゴロと混じっていて、露天掘りの跡だと分かります。






 先へ進めば奔別まで出られたようですが、自転車を置いてきたのでこの辺で終了。


積雪期だと石炭が見えないので、今頃でちょうど良かった感じがします。