【不定期更新になります】
当初はほぼ週1回の更新でしたが、ネタを意識すると縛られてしまうし疲れるので、
気が向いたときに撮ったものを1点ずつ出してく方向にしようかと。

2016/05/28

気仙沼 鹿折金山

善悪で言えば悪だが、好悪で言えば好ましい、か。

今回の旅は津波の被災跡を巡るのをテーマとしてそれが終わるまで観光スポットはすっ飛ばす方針で、ルート上に存在は知っていたけどスルーするつもりだった。しかし。

論理は捨てた。合理や効率も今は良い。
ただ、胸の内に宿るロマンに従った。


入り口の資料館横にも祠がありますが、途中にも不動尊の祠。坑口神社じゃないんですね。途中に滝があってそこを遡ると寺の跡があると後日知りましたが、修行場の側面もあったのか。


入り口から2km進んで4番坑に到着。左上の道をさらに上がればモンスターゴールドの2番坑だそうですが、案内図をきちんと記憶してなくて途中の変な枝道に入ったりしてました。

この地点の少し前から林道脇の斜面を滑らかに降下して合流する形の徒歩道レベルの廃道に気づきましたが、昔のトロッコ道ではないかと思っています。

ちなみに林道をさらに進んで上流の方も見てみましたが採掘跡という感じのものは見当たらず。


これは林道に入って間もない地点の川の対岸の崖にある遺構。ちょっと簡単には行けそうになかった。

資料館の脇にある試掘跡?

資料館の隣のこの石垣の上は祠なんですが、精錬所は? 昔の写真をネットで見ると、資料館のあった所に木造トタン屋根の建物があり、そこに精錬所の看板が立ってました。北海道の大規模なコンクリート造りのものとは大違いですね。

まだ何か隠れた遺構はないのか? と、ここでいつものサイドエフェクト(カン)。祠の裏から斜面を回って進んでみると、踏み跡の痕跡。その先には。
ネット情報によると、これは山の稜線上にあった坑口までのトロッコ道とを接続する、索道の支柱が立っていた土台とのこと。

上の写真は他サイト1か所にありましたが、その先は検索した限りでは見当たらず。

写真では行けそうな感じですがこれは少し望遠していて、まだ急な斜面を登らないといけませんでした。雨の中を千円スニーカーで突入していたので、これ以上は滑落の恐れありと無念の撤退。
稜線のトロッコ道の跡まで確認したかったけど残念です。あと、採石場の跡も行ってみましたが目ぼしいものがなさそうで途中で引き返しました。

これは金山からさらに県道を下って集落の中にあった古い墓所。鹿折金山は黄金文化で知られる平泉の奥州藤原氏に金を奉納し、金色堂は主にその金で造られたと言い伝えがあります。

2016/05/24

震災から5年後 大船渡~陸前高田

盛駅から自転車で南下していきます。海に近づくにつれ土地がまっさらの工事区域が広がってきました。

公園の跡。海側の手すりがひしゃげてますね。

そこから南側の魚市場方向。

北側もこの辺はまっさらです。

ここで津波のニュース映像キャプチャを参考までに。赤矢印がその公園です。

その後、碁石海岸の方へ寄り道します。途中にある熊野神社。

そこにある三面椿。元々は東西南の三面にありましたが、現在は東側だけ。


碁石海岸はこの先、う回路となっていて、この眺めで興味が失せ、引き返しました。

その周辺にも津波の跡が。石垣の土台だけ残して消滅した民家がいくつも。


当初は海沿いに行くつもりでしたが、防潮堤工事などで道が無くなっていて、県道38で山側を迂回。
小友駅の辺りを過ぎて海岸線に近くなると、広大でまっさらな粘土質の土地に。道には足が付けないほどの大きな冠水個所もありました。路線跡が見えたので行ってみると。

そこから先は路盤は消滅。道も防潮堤で上書きされて消滅。元々の県道38は線路に沿った海沿いでしたが山側に路線変更されています。ここから急な坂を自転車を押して上がり、現在の県道に入り、さらに国道45を進んで向こう側から回り込む形で脇の沢駅へ向かいます。

脇の沢駅の陸前高田側にはわずかに線路が残っています。この眺めだけでも陸前高田がどうなったか想像がつきます。

脇の沢駅です。

これはホームで、鉄骨の左側が路線ですが工事関係のプレハブがあるせいか線路は撤去されています。

それではまた国道45に戻って陸前高田の市街へ。

この両側にはカサ上げのための巨大な盛り土。

防潮堤の内側に残された当時の橋。

 道の駅の残骸。

奇跡の一本松は、他にも多くの人が撮ったであろうことと、 車両進入禁止で少し歩かなくてはいけなかったので近くまで行きませんでした。この時点で午後6時半で雨もやまないので、これにて打ち切りとし、宿へ向かうことに。

 宿は自転車で1時間近くの山中で、真っ暗な雨中を淡々とこいでいきました。

三陸鉄道 南リアス線の車窓

先だっての北リアス線と同様に、震災の爪跡を視点にしてざっと車窓風景を撮ってみました。
雨中の撮影の影響でレンズに曇りが残っていたのと、絞りとシャッター固定のオート設定で撮ったのでISOが高くなって画像が粗いものがあります。

釜石製鉄所とリアス線の鉄橋。

三陸鉄道の駅舎はJRの隣にひっそりと。私の自転車のすぐ上に津波浸水ラインの表示が。

揚げ饅頭というのがあったので買ってみましたが、要はアンドーナツということか。

釜石駅を出てすぐ。それなりに津波の痕跡。



防潮堤と水門の工事はあちこちで。




三陸駅の辺り。ここも津波で流され、巨大な水門など建造中。





「愛の磯辺 恋し浜」駅だそうです。ぜったいに降りるもんかぁ!
絵馬のようにホタテの貝殻に何か書いて置いていくコーナーもありました。


そして大船渡に入りました。

盛駅に到着。ホームの向かいは線路跡を専用道にしたBRT(バス)です。ここからは自転車で陸前高田に向かいます。