【不定期更新になります】
当初はほぼ週1回の更新でしたが、ネタを意識すると縛られてしまうし疲れるので、
気が向いたときに撮ったものを1点ずつ出してく方向にしようかと。

2017/09/24

今週の裏側

今回は、日曜から6日間、普通列車乗り放題のJR東日本パスで関東に行ってきたわけですが、初日から台風で足止めされた上にメガネを飛ばされて函館でメガネを作り直すハメになったりと、悲惨な目にあいました。

後半は特に問題なかったんですが、首都圏に滞在したのはほぼ丸一日しかなく、山梨の身延へのミッションを終えた後は別料金で特急を使って藤子不二雄ミュージアムの入場時間に間に合わせ、それから国道駅の撮影をしてすぐに宿を取った水戸に午後10時着。
帰りはひたすら北上ですが、JR水郡線を初めて通ってみて、途中で袋田の滝に寄りたいと思っていたらレンタサイクルの時間が合わずに駅の周りを歩いただけで撮らずに終了というね。

電車での長い移動時間も、たくさん読書をと思っていたら実際には遅れて狂った旅程を組み直すのに時刻表アプリを使いまくっただけという。最後はさっさと帰りたくなって、乗ってる電車でギリギリ間に合う事が分かったので、金を追加して八戸からフェリーに乗り、金曜の朝には帰宅してました。洗濯や荷物の整理してから、切符がまだ有効なので奈井江~浦臼~滝川と軽くサイクリングしてきました。

普通列車を乗り継ぐので、乗り換えの時に買い物で駅の外に出たりしますが、仙台なんかは昔はよく行ってたので(元カノが東北大だった)、あの喫茶店がまだあるとか心の傷を掘り返してしまったりと。 JR東北本線で仙台を経由して首都圏に出るルートは本当に久しぶりでこのブログ中では初なんですが、やらなかったのは色々と心理的な理由もあったりで。

さて。今週の経過を書くのなら成果も出さねばならないと今回は国道駅を出したわけです。
妙にブログのアクセスが炎上し始めましたが、一見さんの首都圏の読者は自分で行ってじかに見るがよろしいかと。BGMはTMNの Get Wild あたりで。

話変わって、本日24日でまた1つ歳をとりました。
先ほど親が寿司と天ぷらを差し入れに来ましたが、誰に声をかけられることもメールが来ることも無く。人と関わるのがすっかり嫌になってるから仕方ないんですけどね。女性と知り合う事があっても、仕事や収入ですぐ値踏みされて前触れも無く連絡が絶たれたり。30歳まで大学で研究やってた(数学専攻)私よりずっと社会でバリバリやってきたような人でもゲームのリセットと同じ感覚で人に対するんだなと。いやはや。


2017/09/23

JR鶴見線 国道駅

廃駅ではなく現役の駅です。
撮影は午後6時台で人が全くいないわけではないんですが、首都圏の駅とは思えない少なさでした。




ここで持ち帰りの串を買っていったオッチャンが。中もそこそこ席が埋まってるようです。







戦時中の戦闘機からの銃撃の跡です。






 そんなに広い空間ではないですが、独特の雰囲気です。

2017/09/14

石川 国道249旧道 曽々木隧道

当初の予定にはなかったんですが、現地で見つけたからには行くしかないと、脇の旧道の方へ。


 車を進めていくと・・

おっと、ストップ! 国道付近の駐車帯までしばらくバック走行して車を置きました。他にも、トンネル入り口で切り返す車が。

先にタネ明かししておきますが、この右側(左右)の空間は洞窟であり、トンネルの中で橋を渡して洞窟を横切ってしまったという奇怪な構造なのです。

この旧道を観光スポットとして活用しようと、何やら変なことになっています。

 歩いてトンネルを抜けてみます。

その次には八世乃洞門。洞門とはいえトンネルです。抜けられそうでダメのようで、写真にはトンネル内で止まったバイクが写っています。

上の写真の左手に、トンネルを回り込むような遊歩道の跡がありますが、これは元々は江戸~明治期の古道です。
そして、最初の曽々木隧道に戻りますが、その脇に旧旧道の穴が。 この穴を現在、観光スポットとして使っています。

抜けると、曽々木隧道と交差していた洞窟の入り口です。

そして旧旧道の先にはさらに隧道。これが、 恋人の聖地「せっぷんとんねる」だそうです。私にケンカ売ってんでしょうか。


出口付近には安っぽいLEDイルミネーション。そのために電線引いてんですね。

崩落して分かりにくいですが、左側の崖に古道の跡と思われる段差がありますね。その先に先ほどの古道が続くのでしょう。

曽々木隧道のすぐ先にも旧道があります。

こちらは貫通しているようですが、車は通していませんね。真浦隧道です。

とまあ、こんな感じで突発的な旧道探索がありました。

2017/09/07

富内線 富内駅

藝術要塞の次は、道道610の様子を見るべく富内に向かいましたが、富内駅跡で休憩を取る事にしました。















小さい子供が遊んでいたり、お婆さんが構内の踏切を通ったりと、今でも地元の風景の一部です。

2017/09/01

タブレットのバッテリーを交換する

タブレットはバッテリーが交換できず、使い捨てにするしかないというのが一般論の欠点なのですが、不可能なわけではありません。仕方なくではありますが、やってみました。

バッテリーは充電容量(貯められる電力)がモノによって違うものの、電圧は3.7~3.8Vとほぼ同じで、大きさが合えば(両面テープで貼りつけるのでケースに収まりさえすればよい)問題ありません。

今回の機種は、中華タブレットのChuwi Vi8で、2年近く使ってきましたが使用中に突然電源が落ちたりする現象が頻発するようになり、バッテリーを交換しなければというわけです。

まずカバーを外します。
私はカード(何かのポイントカード)を差し込んで回していき、止まった所でテコのように持ち上げて爪を外すという感じに一周して外しましたが、実のとこ焦って画面側の方をカードを深差しして開いてしまったため、タッチパネルのフレキケーブルをスパッと切断してしまい、バッテリーが復活してもタッチパネルが使用不能でマウスを使うしかないという情けない結果に。

交換用に買ったバッテリーは、Amazonで簡単に手に入るNexus7第二世代用のSLODAというメーカーの2千円のものです。容量は3700mAhでしたんで少し減りますが、入手のしやすさとAmazonでの評価も良かったので決まりです。

下の写真で、左が元々のバッテリー、右がSLODAのNexusバッテリーです。 元々のバッテリーは両面テープで付いていたわけですが、慎重にはがしていかないと、私はマイナスドライバーをテコのように使っていたらパッケージに1mmほどの穴が開き、その瞬間に小さく発火したので(すぐ収まった)冷や汗かきました。爆発しなくてよかった。結局は手でメリメリとはがしたので、写真のバッテリーは少し曲がって歪んでます。

ここで、コネクタが違うのでそのままワンタッチで交換というわけにはいきません。
バッテリーの脇に付いている基板を外して付け直しします。外すときは私の40Wのハンダコテでは取れなかったのでニッパーでつかみ取るようにバッテリーの電極を外しました。どうせ捨てるものだし。
付ける時は、ステンレス用のハンダを使わないと付きません。また、バッテリーによって電極の位置が違うので、私は基板に電気が流れてショートしないように接触しそうな箇所にビニルテープを巻いて絶縁し(下の写真の基板の黒い部分)、リード線をハンダ付けして接続しました。

あとは両面テープで貼り付けてケーブルをつなぎ、カバーをして終了です。動作は問題ありませんが、タッチパネルのケーブルを切ってしまったのは痛かった。

バッテリーの上のフレキケーブルなどは着脱の方法(黒い爪を起こすと外れる)を知らずに力任せでやると簡単に切れて修復不能になりますんで、全般的に、全くこういう事の経験の無い人は手を出さない方が良いと思います。お約束ですが、自己責任で。